Back Home

在学生へ質問シリーズ!『留学について』やることや持ち物準備は? 前編(オーストラリア編)

今回の「在校生質問シリーズ」は、ホテルスクールのカナダ・オーストラリア留学制度を希望する人もしない人必見です。
実際に留学生制度に参加をした先輩方から「留学前にやっておいた」「留学に持っていって役に立ったもの」をアンケートに答えてもらいました。

まずはオーストラリアへ留学をした、チームメルボルンの先輩のアンケートをご紹介いたします。

アンケートに答えていただいたのは、
昼間部ブライダル科2年 山内 美樹さん、夜間部ホテル科2年 伊藤 健太郎さん
のお二人です。

写真を見ると当時の思い出があふれてきますね! 携帯電話に保存された、思い出がたくさんつまった写真を見ながら、留学中の話で盛り上がっていました。

せっかくなので、直筆のアンケートも掲載しますね。

まずは、山内 美樹さんのアンケートよりご紹介。

持っていって役に立ったものは「化粧品」。

外国人と日本人の肌質や髪質、そして何より自然環境が異なるので、日本で使っていたものを持っていった方が良いようです。オーストラリアのお水は「硬水」と呼ばれる水質で、髪や肌がパサパサになるので女性の皆さんは保湿水・クリームは必須だとか。

また山内さんは、あまり英会話は得意ではなかったとのことで、ホストファミリーと仲良くなる為に、直ぐに使える英語や会話のネタを準備していったそうです。特に自己紹介は必須。自分自身の事でも話せば話す程、英会話は上達していくとのことでした。

留学前も明るく行動的でしたが、帰国後もっとパワーアップ。
ハローウィンの日には、校長室に突撃したり。
そして、ホテスクのとびらの表紙にも抜擢。これも留学に行った効果ですかね。笑

ホテスクのとびらのとびら写真になった山内さんです ホテスクのとびらのとびら写真になった山内さんです
こちらは山内さんが書いたアンケート こちらは山内さんが書いたアンケート
留学で大きく成長した伊藤さん 留学で大きく成長した伊藤さん
こちらは伊藤さんが書いたアンケート こちらは伊藤さんが書いたアンケート

続いては、伊藤 健太郎さんのアンケートです。

「日本食」でインスタントみそ汁(わかめ)を持っていったそうです。
オーストラリアは検疫がとても厳しいので有名。何を持ち込んで良いかどうか、事前にしっかり調べたとのこと。もちろん、メルボルンにも日本の食材は売っていますが、高いので、自分が好きな食べものを持参した方が良いみたいです。

そして服装。カジュアルな服は留学先で買えますが、スーツは別。パーティや実習等、何かとスーツを使うシーンは多いようですので持って行った方が何かと役にたったそうです。

留学後は、アルバイト先のホテルに外国人のゲストの方が来ても、楽しく会話をしながら接客をしているとのことでした。

次回、後編はカナダへ留学をしたチームバンクバーの先輩の留学に行く前にすべき事、持って行ったものを紹介します。お楽しみに。

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る