Back Home

在学生へ質問シリーズ!『留学について』やることや持ち物準備は? 後編(カナダ編)

今回の「在校生質問シリーズ」は、ホテルスクールのカナダ・オーストラリア留学制度を希望する人もしない人必見!
実際に留学生制度に参加をした先輩方から「留学前にやっておいた」「留学に持っていって役に立ったもの」をアンケートに答えてもらいました。

「留学前にやっておいた」「留学に持っていって役に立ったもの」の後編「カナダ:バンクーバー編」をお届けいたします!

今回はカナダへ留学をしたチームバンクバー、先輩方のアンケートのご紹介です。
前編「オーストラリア編」はこちら

アンケートに答えていただいたのは、昼間部ブライダル科2年 雨宮 舞さんと、昼間部ホテル科2年 三谷 航希さんのお二人です。

留学中に使った参考書をもってきてくれました。一生懸命身につけた知識は自分だけのものです!

まずは雨宮 舞さんのアンケートより。 

持っていって役に立ったものは「防寒具」や「折りたたみ傘」など、カナダの気候にあわせた日常品を持っていったとのこと。

そして、勉強道具として「パソコン」と「電子辞書」。
学校から出された宿題をするのに、かなり重宝したとのこと。また、日本ではあまり見かけませんが「三つ穴ファイル」がカナダでは主流のよう。現地で買うこともできるかと思いますが、事前に知っておくと生活習慣の違いを感じて面白いですね。

また、雨宮さんは単語帳を使っての英単語暗記はもちろん、留学に出発する前から英語に耳を慣れさせる為「英語の音楽や映画を観ていた」とのこと。曲はテイラー・スウィフトなど、流行の曲を聴いて飽きないように準備をしていたようです。

留学中は、日常生活の中でさまざまな文化的な体験はもちろんのことですが、やはり留学の第一目的である勉強に力を入れており、その結果メルボルン留学の卒業式で生徒代表のスピーチに選ばれたとのことでした。
帰国後も、ホテスクの弁論大会で英語部門に出場、全国語学ビジネス観光教育協会主催のスピーチコンテストにも学校代表として出場するなど活躍をしてくれました。雨宮さんは卒業後、海外研修生として海外で働くことが決まっています。

勉強に使った「電子辞書」と「英単語帳」を紹介してくれる雨宮さん 勉強に使った「電子辞書」と「英単語帳」を紹介してくれる雨宮さん
実際に現地で使っていた教科書と三つ穴ファイル 実際に現地で使っていた教科書と三つ穴ファイル
雨宮さんの直筆アンケートです! 雨宮さんの直筆アンケートです!
お勧めの参考書を紹介してくれる三谷さん お勧めの参考書を紹介してくれる三谷さん
三谷さんが留学後に受けたTOEIC結果 三谷さんが留学後に受けたTOEIC結果
三谷さんの直筆アンケートです 三谷さんの直筆アンケートです
240点→825点!!努力が数字になって現れましたね! 240点→825点!!努力が数字になって現れましたね!

続いては、三谷 航希さんのアンケート結果です。

留学に持っていったもので役に立ったものは「やる気」「確かな信念」と、かなりのストロングスタイルです。

事前にやったことは「中学文法」から徹底的に見直しをかけたとのこと。きっかけはアルバイト先の先輩に相談したところ「基本は中学文法。そこを徹底的にやらないと基礎ができない。」とアドバイスを貰い、早速紹介してもらった本を購入して毎日勉強に励んでいたそうです。

留学中も、英英辞典を使用して勉強をすることを推奨されていたようですが「日本語もしっかり理解していないと日本では通用しないと」考え、日本語の電子辞書を使用するなど、まさに「三谷流」と言える勉強法を実践していたようです。
その結果、入学後のTOEICのスコアは「240点」でしたが、帰国後は「825点」と実に3倍以上もスコアを伸ばし、留学の成果がしっかりと現れています。
また、三谷さんも雨宮さん同様、卒業後は海外研修生として海外で活躍することになっています。

いかがでしたか、前編・後編と二回に分けて「留学前にやっておいた」「留学に持っていって役に立ったもの」を先輩のアンケートからお伝えさせていただきました。
既に、ホテルスクールのサンドウィッチ留学に参加希望している皆さんは、期待と意欲が高まったかと思います。そして、今回の記事を読んで興味を持ってくれた皆さんは、入学後、選択肢としてサンドウィッチ留学を考えてみてはいかがでしょうか。

★ カナダ・オーストラリア留学(サンドウィッチ留学)についてはこちら

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る