Back Home

海外ホテル研修生からの便り

植田 あいみさん(昼間部英語専攻科卒)、漆間 みな美さん(昼間部英語専攻科卒)

フィリピンホテル研修 現地報告16年7月

2016年度フィリピンホテル研修生の2名の活躍を報告します。
マニラ:ベルビューホテル
研修生

研修が始まって4ヵ月が経ち、6月はBホテルのフロントで働きました。後半はチェックアウトを覚えるためAMシフト(6時~14時)で働いていました。朝に時間があるときは、朝食ブュッフェのレストランに行き、日本人ゲストに挨拶をしたりご滞在がどうかなどを伺っていました。

後半は日本人だけでなくフィリピン人や外国人のチェックイン、チェックアウトもやらせてもらいました。先月末は、日本人団体やビジネスマンがとても多く、仕事が楽しかったです。しかし、敬語が上手く出てこなかったりと、反省点も多く出てきたので改善していきたいと思います。

Bホテルは、ベルビューホテルの半分ほどの大きさですが、その分スタッフ同士の距離が近くとても暖かいです。また長期滞在のお客様とお話する機会も増え、名前を覚えてもらえたりなど、私にとってとても働きやすく、色んなことを体験させてくれるホテルです。また各部署対抗のバスケの試合を見に行ったり宴会場で全部署が集まってパーティーをするなど他部署の人と交流する機会がたくさんあります。

7月中旬からはセールスに移動しました。今の仕事は主に各部署にサインをもらいに行ったり、時々和訳をすることです。セールスでは、スタッフの誰かが誕生日を迎えるとプールサイドを飾りつけし、ケーキや食べ物を用意してお祝いします。オフィスで働くのは初めてで、なかなか自分の需要を感じられず、わからないことばかりですが頑張りたいと思います。

休みの日は友人の家に泊まりにいったり、ボーリングをしたり、地元のOJTと滝に遊びに行きました。またフィリピン人は大半がキリスト教で毎週日曜日に教会に行くそうです。先日初めて、友人に教会に連れて行ってもらいました。静かにお祈りだけかと思っていましたが、歌をうたったり演奏をしたり、お話を聞いたりととても貴重な体験が出来ました。ボホール島に移動するまであと二カ月となりましたが、時間が過ぎるのがとても早く感じます。8月下旬にはフロントへ移動します。後悔のないよう頑張りたいと思います。

6月中旬から1か月チェックイン、チェックアウト、オペラについてもっと詳しく学びたいと思いフロントに戻り、日本人のお客さまのケアを中心に仕事をしていました。お客様がお部屋を拝見したい時など、お部屋の説明やホテル内を案内した時、自分がどれだけホテルのことを知っているか再確認できるのでとてもよい経験でした。案内している間のエレベーター内では、すぐに会話が途切れてしまうときもあったので、もっとコミュニケーション能力を高めたいと思いました。

6月に植田さんの誕生日を現地のスタッフとお祝いしました。フィリピンでは、誕生日の人がみんなを家に呼んでパーティーをしたりするのが掟なのです。「お金ないからパーティーはしたくない」という現地のかたも…

7月後半から2週間、ハウスキーピングに配属になり、ペアで研修しています。今は、ベットメイキングを早く、なおかつキレイに作る練習中です。だいたい1日10~15部屋を掃除しています。数字だけでみると少ないですが、とても大変だし、かなり体力のいるお仕事なので仕事終わりはくたくたになっています。早くお部屋を完成させ、勤務時間内に終わる人もいれば、のんびりとやってヘルプが来るのを待ってる人などいます。個人差は激しいですが、どんなに部屋が散らかっていても「ジャングルみたいだね~」と文句を言わず、笑いに変えてくれるそんなところがいいところだと思いました。

スポーツ大会があり、バスケとチアダンスを見に行きました。このホテルは、従業員のイベントがたくさんあるため、他の部署の人たちとも仲がいいです。

ご希望の方に「留学ブック」差し上げます!

海外研修・留学に関する資料

留学に関する、さまざまな「?」にお答えします!留学ブック

「留学先ではどんなことを勉強するの?」「費用は?」「海外へは一度も行ったことがないから心配」など、留学への疑問・質問を解決してくれる1冊です。 海外ホテル研修生制度を含め、留学後の進路についても詳しく紹介しています。

資料請求
ページトップへ戻る