Back Home

海外ホテル研修生からの便り

露木 理沙さん(夜間部ホテル科卒)、寺尾 実和子さん(昼間部ホテル科卒)

シャングリ・ラホテル研修 現地報告16年7月

2016年度シャングリ・ラ研修生の活躍を報告します。
フィリピン セブ島:シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ
ホテルのスタッフと研修生

フィリピンに来て3ヶ月がすぎ、仕事は慣れてきました。主にチェックイン、お客様、VIPの方々の対応をしています。

8月7日にアイロンマンというトライアスロンの大会がありました。セブで一番大きいイベントで、シャングリ・ラがスタート、ゴール地点なので、ホテルは人で溢れていました。5日の練習期間からたくさんの人がホテルに滞在しており、すごく大きなイベントなんだなと再確認しました。また、ほとんどの人が同じ日にチェックインをするので、その日のために準備していてた私たちもとても忙しかったです。アイロンマンが終わり、今度は日本人の滞在がとても多くなるので、頑張りたいと思います。

今週は IRON MAN というトライアスロンの大きいイベントがシャングリ・ラで行われており、世界中から選手が訪れています。このイベントが終わったら次は日本でお盆が始まるので、まだまだ忙しい日々が続きます!!

シャングリラマクタンは常に稼働率も高く、毎日忙しいですが、その分思いがけないことや想定外のことがたくさん起きます。研修生という立場ではありますが、正直責任はとても重く、毎日がトレーニングです。今までにない責任の重さに戸惑うこともありますが、周りのスタッフ、またパートナーの理沙さんに支えられ、乗り越えています。こちらでは残り3ヶ月とわずかですが、更に成長できるよう1日1日を大切にしたいと思います。

私達ゲストリレーションは、ゲストからレストランやスパについて尋ねられることは多いですが、実際に食べたことがあるレストランは限られているため、説明が十分にできないということを会議の問題としてあげました。そこで、ゲストにアップセールできるように2週間かけ、すべてのレストラン、スパをゲストとしてを体験する機会を得ました。実際にゲストとして経験をしサービスを受けることで、雰囲気や特徴を肌で感じ、自分でより詳しくゲストに説明ができるようになりました。また、どのようにゲストにお勧めをしたらよいか、どのメニューが日本人に人気かなど、スタッフの話を聞き多くのゲストにアップセールをすることが可能になりました。

基本的な勤務内容は変わりませんが、今月の初めに、F&Bのセールスマネージャーとの会議に日本人スタッフとして参加させていただきました。会議の内容は、どのようにしたらより多くの日本人ゲストをホテルのレストランに来てもらえるか、という内容でした。私はよく日本人ゲストから、レストランに日本語のメニューがあるかどうか問い合わせを受けることが多かったので、そのことを伝えたところ、すべてのレストランに日本語のメニューを置くことに賛成していただきました。今はその完成を待っているところです。

ご希望の方に「留学ブック」差し上げます!

海外研修・留学に関する資料

留学に関する、さまざまな「?」にお答えします!留学ブック

「留学先ではどんなことを勉強するの?」「費用は?」「海外へは一度も行ったことがないから心配」など、留学への疑問・質問を解決してくれる1冊です。 海外ホテル研修生制度を含め、留学後の進路についても詳しく紹介しています。

資料請求
ページトップへ戻る