Back Home

「自分はブライダルの仕事に向いているの? どんな人がブライダルの仕事をするのか?」

実際に「好きを仕事に」し、ブライダルの現場で長年活躍した、2人のブライダルマスターが語ります。
「好き」を仕事にしたい人へ。ブライダルの仕事ってなに?

「ブライダルに関わる仕事は、ドレス、和装、空間コーディネーション、フラワー、料理、お酒、ヘアメイクなど様々。総合力が必要な仕事」

一生に一回の結婚式には、新郎新婦やご家族の強い想い入れがあります。
「会場にあふれる風船の中、真っ白なドレスを着て入場をしたい!」
「会場のみんなが友達になれるような式にしたい!」
「地元のお酒を使ったお料理を振舞いたい!」

ドレス、装飾、ふたりの動き、テーブルクロス、フラワー、お料理、飲み物、入場曲とタイミングに至るまで様々なご要望があります。
その全てのアイテムには、専属のプロがいて、大切なこだわりを持って仕事をしています。

そして、各々の仕事は実は連携しなければひとつの大きな舞台をつくることができないのです。

ブライダルコーディネーターは、各アイテムの詳細を知らなければ、ご提案ひとつできません。ドレスコーディネーターであれば、ドレスだけ知っていれば良いというものでもないのです。

「自分はブライダルの仕事に向いていますか? どうすればわかりますか?」

「ブライダルの仕事に向いている人とはどんな人ですか?」

もしあなたが結婚式をコーディネートしてもらうなら、どんな人にしてもらいたいですか?
「笑顔でやさしくて、一生懸命やってくれるひと」ですか?

人生に一度の結婚式は一大イベント。思い出に残るものにしたいですよね。
お金も時間もたくさんかかる“大きな買い物“でもあります。

だからこそ、笑顔でやさしくて一生懸命なだけではなく、
「自分たちの希望にぴったりな提案してくれる人」
「式までに行うことをタイミングよく教えてくれる人」
「礼儀作法や文化に詳しくて、間違いなく、恥ずかしくない式にしてくれる人」
「期待以上の演出をしてくれる人」
そんな人に結婚式を任せたいですよね!

ブライダルの仕事とは、笑顔で幸せいっぱいな一日をつくるための楽しくてわくわくする仕事です。しかし大きな責任を負う仕事でもあるのです。

ブライダルの仕事は難しい・・・そうかもしれません。
誰でもすぐにできるような仕事ではないのです。

でもあえていいます。
「皆を喜ばせたい!びっくりさせたい!一番の笑顔で一番幸せな時間を過ごせる式にしてあげたい!」
本当はその気持ちから始まっているのです。

「人が好き、喜ばせることが好き、サプライズが好き」はブライダルの仕事をするための一番大切な資質なのです。

誰かを驚くほど喜ばせたい。その気持ちがあれば絶対にできる仕事なのです。
だからお料理も、ドレスも、文化も、作法も一生懸命習得するのです。

「ブライダルに関わる仕事は、ドレス、和装、空間コーディネーション、フラワー、料理、お酒、ヘアメイクなど様々。総合力が必要な仕事」

「実際のサービス経験は最強の武器になる」

最後に伝えたいのが、「実際のサービス経験は最強の武器になる」ということです。
2時間半のパーティ時間の中には、他のテーブルに挨拶に行かれたり、お友達が新郎新婦の席に祝福に行ったり、さまざまな人の動きがありますし、料理や演出への反応もあります。新郎新婦だけでなく、列席をされている方全てに常に「気遣い」が必要です。

パーティー中のサービス経験は、そんな全ての動きに対する人の顔を見られる絶好のチャンスです。当日のサービスの仕事は、当日のケアができるお仕事。実はブライダルの仕事にとって一番大切な経験かもしれません。

「人が好き、喜ばせることが好き、サプライズが好き、はブライダルの仕事をするための大切な資質」

いかがでしたか?
ブライダルの仕事は、理論と実技が伴ってはじめてできる仕事です。
人を喜ばせることが好き、サプライズが好き、そんな「好き」を仕事にしてみませんか?

ページトップへ戻る