アラムナイステーション 学校長あいさつ

卒業生の皆様へ

卒業生の皆様、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃より本校並びに同窓会に対するご理解とご協力を頂き心より御礼申し上げます。

本校は、1971年10月「プリンスホテルスクール」として創立され、翌1972年4月に開校、2020年度で学校創立49年目を迎えます。この間、校名変更、校舎移転などがありましたが、2020年3月現在で、卒業生累計13,406人を数え、在校生数約800人という日本最大規模のホテル学校にまで発展することができました。そして2021年度にはおかげさまで創立50周年を迎えます。これも偏に卒業生の皆様、業界関係、教育機関関係の皆様のご支援、ご協力のお陰と心から感謝申し上げます。

本校は1976年度から、運輸大臣(現国土交通大臣)設立許可による財団法人日本ホテル教育センター設立と同時に、財団立の「日本ホテルスクール」に、更に1987年度から、東京都知事の認可を得て財団立の専修学校「専門学校日本ホテルスクール」となりました。
そして2009年4月、財団からホテル学校を分離して、東京都知事認可による学校法人日本ホテル学院を新設、同学院が運営する「専門学校日本ホテルスクール」としてスタートし、2020年度で12年目を迎えます。

卒業生皆様のご活躍は、何より学校発展の大きな原動力となります。本校といたしましては、これからも同窓会の諸活動を全面的に支援するとともに、観光、ホテル、ブライダル、レストランを含め、ホスピタリティ業界の更なる発展のために、微力ながら努めて参りたいと考えております。

今後も教育理念を基本に、職業に必要な実務知識や実践的かつ専門的な能力を育成し、バランスの取れた教育課程を編成し、ホテル業界を中心に国内はもちろんグローバルに活躍できる人材の育成に、教職員が一丸となって取り組んでゆきたいと考えておりますので、引き続き本校に対するご支援をお願い申し上げます。
卒業生皆様の今後益々のご活躍を心から期待しております。

2020年10月1日

学校法人日本ホテル学院 理事長
専門学校日本ホテルスクール 校長
石塚 勉
Tsutomu Ishizuka