Back Home

モンゴル国ウランバートル市長ご一行が来校

本校の学生が学校行事の一環として参加する「ツーリズムEXPOジャパン2015」(主催:公益社団法人日本観光振興協会、一般社団法人日本旅行業協会)」へ出席するため来日中であったモンゴル国の首都であるウランバートル市のBAT-UUL Erdene市長(首都知事)、同ENKHTSENGEL Tseyen副市長並びに同市観光局長を含む関係者5名が来校されました。

BAT-UUL Erdeneウランバートル市長との集合写真 左から4番目 BAT-UUL Erdeneウランバートル市長(首都知事)

石塚校長からは、「専門学校日本ホテルスクール」並びに「一般財団法人日本ホテル教育センター」の沿革や理念、事業の現況などの説明を行いました。

また、本校には過去に4名のモンゴル国出身留学生が学んだことなどを紹介し、終始和やかな雰囲気の中、学校施設に関しても熱心に校舎見学をされました。

日本政府は2015年8月10日から、モンゴル国民の一般旅券所持者に対して、短期滞在数次ビザの発給(滞在期間は15日、有効期間は最大3年)を開始しています。

今後、両国相互の旅行客の増加が見込まれることなどから、ウランバートル市内のホテル施設などでの外国人旅行客の受け入れ態勢を充実させる必要があり、ホテリエなど人材育成に関する意見交換と日本における代表的なホテル学校の視察のため来校されました。

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る