Back Home

「理論」と「実技」の両面を効率的に学び、短期間で業界就職をめざす

国際ホテルマネジメント専科のカリキュラムは、一般教育科目は必要最小限に抑え、実践的な専門科目が多く取り入れられているのが特長です。ホテル経営を中心に、語学やサービス演習まで、すべてが就職活動やその後を見据えた授業で構成されています。将来的にはホテル全体の運営と経営に携わることをめざします。

「理論と実技の一体化によるサービスの創造」を具現化するためのカリキュラム

1年次
前期

導入教育期間
ホテル・ブライダルの全体を理解する

ホテル、ブライダル等、全体を理解する段階として、サービスの基礎知識の取得に力点を置きます。

ホテル概論

ホテルの営業部門に関する業務知識を理解する科目。ホテルビジネス実務検定試験(H検)ベーシック2級の対策授業も開始。


宿泊業務論

ベル・クローク・ハウスキーピングなどに焦点をあてて、サービスの流れに沿って業務内容を理解します。

1年次
後期

基礎教育期間
実技で理解を深める

サービスの基礎の上に、実技実習やホテル実習が加わることにより、理解度を増進します。

接客サービス演習

接客サービス時や料飲サービス時の基本動作や会話、お辞儀や歩き方、グラスやプレートの扱い方などを、実技演習スタイルで学びます。

2年次
前期

応用教育期間
ホテルの経営を学ぶ

経営に関する授業を実施し、サービスの基礎から経営、運営方法の理解促進に力点を置きます。

ホテルマーケティング

市場調査・資金計画・商品化計画・広告宣伝・人材教育など、幅広いマーケティング業務の基礎について学習します。

レベニューマネジメント

収益を最大化するために消費者の動向を予測して料金を最適化する、ホテル経営には欠かせない理論と手法を学びます。


ホテル会計

経営状態を数字で把握することは、管理職の必須業務。将来に備えて、営業状況を数値化する基本を学習します。

2年次
後期

総まとめ期間
2年間の総まとめ

2年間の総まとめ期間であり、学習し理解したことを自分自身で体系的に整備する期間です。



学生の声

ebihara_jyun

プロから教わる授業と実習

夜間部 国際ホテルマネジメント専科
海老原 潤さん 神奈川県立石橋高校(神奈川県 )出身

社会人として色々な接客の仕事をしてきましたが、初心に戻って勉強したいと思い入学しました。仕事から得た知識は、授業で再確認でき、更に理解が深まっていると思います。また、授業で学んだ新しい知識を、週末のホテルフロントでの仕事で活かせた時はうれしいです。・・・

もっと見る

国際ホテルマネジメント専科の特長がよくわかる資料を差し上げます

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る