Back Home

フィリピンUPH大学 スタディツアーグループ来校 本校学生と交流

本校の大学編入提携校の一つ、フィリピンのUniversity of Perpetual Help System Dalta(UHP)、International Hospitality Management & Tourism学科在籍の学生26名と大学関係者4名が2015年10月1日(木)に来校しました。

『日本スタディ・ツアー』の参加者の集合写真 参加者全員の集合記念写真

5日間の『日本スタディ・ツアー』で日本を訪問したUPHの学生達は、日本文化体験の一環として本校を訪れ、和食講座や和食を体験しました。

本校に訪問した際には、7月に発足したYoung Skal Club Japan(YSCJ)メンバーの英語専攻科1年生・2年生10名が、国際交流を目的として参加しUPH学生との交流を深めました。

訪問は石塚理事長の歓迎挨拶、アンチポーダ学部長の挨拶、UPH学生代表の挨拶から始まりました。和食講座では、日本食についての知識を深く知ることができ、講座終了後には、受講した学生に石塚理事長より修了書が手渡されました。

その後、12月に実施される第53回技能五輪全国大会出場予定の夜間部ホテル科2年生寺島唯斗君(長野市立長野商業高校〔長野〕出身)がオレンジ、キウイ、パイナップルのカービング&カッティングを披露し、会場を盛り上げました。

キャンパスツアーの後は、アネックス館に移動し日本文化である和弁当を堪能しました。UPHの学生、YSCJのメンバーは交流を楽しみ、お互い素晴らしい時間を過ごしました。

2014年度に引き続き、2015年度の昼間部、夜間部1年生の海外研修旅行もUPH大学の全面的な協力のもと、夜間部は12月上旬、昼間部は1月中旬にフィリピンを訪問し、UPH大学の学生との交流やマニラ市内のホテル見学など、ともに学ぶプログラムの実施を通じて交流を深めます。

YSCJのメンバーが校舎入口でお出迎え YSCJのメンバーが校舎入口でお出迎え
UPH学生との交流を担当するYSCJのメンバー UPH学生との交流を担当するYSCJのメンバー
JHSに来校したUPH学生 JHSに来校したUPH学生
カービングを披露する寺島君 カービングを披露する寺島君
UPHの学生と交流を深めるYSCJメンバー UPHの学生と交流を深めるYSCJメンバー
YSCJメンバーとUPH学生 YSCJメンバーとUPH学生
浴衣で来校を歓迎した学生、石塚理事長(左)、アンチポーダ学部長(左から3番目)、メンドーサ先生(右から2番目) 浴衣で来校を歓迎した学生、石塚理事長(左)、アンチポーダ学部長(左から3番目)、メンドーサ先生(右から2番目)
前列左より、石塚理事長、アンチポーダ学部長、メンドーサ先生、出張日本代表<br> 後列左より、石井シニアディレクター、堀籠先生、江口先生、中山先生、川上先生、武内先生 前列左より、石塚理事長、アンチポーダ学部長、メンドーサ先生、出張日本代表
後列左より、石井シニアディレクター、堀籠先生、江口先生、中山先生、川上先生、武内先生
和食講座修了証書を手にする学生 和食講座修了証書を手にする学生
YSCJメンバーとランチ交流する学生達 YSCJメンバーとランチ交流する学生達

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る