Back Home

第10回HRSサービスコンクール2016 在校生が銀賞を受賞

一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会主催の第10回サービスコンクール2016が2月18日(木)、「国際ホテル・レストランショー」内で行なわれました。

銀賞を受賞した在校生と応援に駆けつけた教職員、卒業生、在校生 応援に駆けつけた教職員、卒業生、在校生

本校からはカレッジ部門に5名の学生が出場しました。予選を勝ち抜き決勝進出できる学生は6名、その中で本校学生4名が決勝に進出しました。結果は、昼間部ブライダル科2年大竹さくらさん(青森県立七戸高校出身)が銀賞。大竹さんは2015年の大会でも1年生ながら銀賞を獲得し2年連続の銀賞受賞です。また、敢闘賞に昼間部ホテル科1年遠藤美波さん(千葉県立流山おおたかの森高校出身)が選ばれました。

昨年12月に行われた校内予選(第2回JHS杯)を勝ち進んだ5名は金賞を目指し数え切れないほどのオレンジを剥き、オリジナルカクテルの作成など試行錯誤しながら練習を積み重ねてきました。また、大竹さんは本校のクラブ活動のサービス研究会の部長としても活躍し、後輩達へ指導やアドバイスも積極的に行い1年生を引っ張ってきました。

学生の取り組む姿勢、意欲は素晴らしいものがありました。次年度以降も後輩が先輩を見習ってますます努力し、ホスピタリティ業界に貢献できるよう頑張ってください。今回の大会では数多くの教職員、在校生、卒業生、が応援に駆けつけ大会を盛り上げました。お世話になった皆様方に心から感謝申し上げます。

☆教職員コラム 川上先生 「第10回HRSサービスコンクールを終えて」

■出場者

  • 昼間部ホテル科2年 小池 渓太さん(長野県岡谷南高校出身)
  • 昼間部ブライダル科2年 大竹さくらさん(青森県立七戸高校出身)
  • 昼間部ホテル科1年 遠藤美波さん(千葉県立流山おおたかの森高校出身)
  • 昼間部ホテル科1年 大戸 陽介さん(千葉県立印旛明誠高校出身)
  • 昼間部ブライダル科1年 小島 由衣さん(東京都立晴海総合高校出身)

応援に駆けつけた生徒のご家族にも喜んでいただけました。
「家で一生懸命に練習している姿を見て、両親共々応援していました。日本ホテルスクールという学校に入学しない限り、このようなサービスコンクールを目の当たりにすることはできなかったと思います。娘の素晴らしいパフォーマンスを見ることができて嬉しく思います」(敢闘賞受賞の遠藤さんのご両親)

銀賞受賞の大竹さん オレンジのカービング<br> 「悔しいです。ですが、一生懸命やってきたので悔いはありません。一緒に練習してきた仲間に感謝します。いつもどおりのパフォーマンスで予選に取り組むことができました。しかし、予選後は通過できるのか、という不安はありましたが、通過が分かり決勝では堂々とパフォーマンスすることができました。学校生活の中で一番力を入れてきたことの一つである『HRSサービスコンクール』を終えて、堂々と、やり抜いたことを誇りに思います。1年生は来年金賞を取ってください!」 銀賞受賞の大竹さん オレンジのカービング
「悔しいです。ですが、一生懸命やってきたので悔いはありません。一緒に練習してきた仲間に感謝します。いつもどおりのパフォーマンスで予選に取り組むことができました。しかし、予選後は通過できるのか、という不安はありましたが、通過が分かり決勝では堂々とパフォーマンスすることができました。学校生活の中で一番力を入れてきたことの一つである『HRSサービスコンクール』を終えて、堂々と、やり抜いたことを誇りに思います。1年生は来年金賞を取ってください!」
敢闘賞受賞の遠藤さん オレンジカービング<br> 「嬉しい気持ちと、悔しい気持ちが両方あります。コンクールに向けて家でも多くのオレンジカービングの練習に両親が付き合ってくれました。その両親の応援は力になったと思います。今、出せる力は全て出し切った決勝になりました。楽しく参加することができ、とても満足しています。今年は先輩の大竹さん、小池さんが指導してくれました。来年、2年生になったら、私たちが新入生にも伝えていきたいと思います。そして私が来年金賞を取ります!」 敢闘賞受賞の遠藤さん オレンジカービング
「嬉しい気持ちと、悔しい気持ちが両方あります。コンクールに向けて家でも多くのオレンジカービングの練習に両親が付き合ってくれました。その両親の応援は力になったと思います。今、出せる力は全て出し切った決勝になりました。楽しく参加することができ、とても満足しています。今年は先輩の大竹さん、小池さんが指導してくれました。来年、2年生になったら、私たちが新入生にも伝えていきたいと思います。そして私が来年金賞を取ります!」
決勝の課題をする小島さん<br> 「予選、決勝とも楽しんで取り組むことができました。決勝ではたどたどしさを出してしまったこともありましたが、常に笑顔で課題に向き合うことができたと思います。来年も当然チャレンジします!」 決勝の課題をする小島さん
「予選、決勝とも楽しんで取り組むことができました。決勝ではたどたどしさを出してしまったこともありましたが、常に笑顔で課題に向き合うことができたと思います。来年も当然チャレンジします!」
大戸さんの決勝でのパフォーマンス<br> 「予選ほど決勝では力が発揮できず、所々でミスもあったかもしれません。今回の挑戦は、料飲サービスの楽しさを知る貴重な機会になったと思います」 大戸さんの決勝でのパフォーマンス
「予選ほど決勝では力が発揮できず、所々でミスもあったかもしれません。今回の挑戦は、料飲サービスの楽しさを知る貴重な機会になったと思います」
応援に駆けつけた卒業生と一緒に 応援に駆けつけた卒業生と一緒に
決勝に進出した1年生と応援に駆けつけた強化選手(1年生)<br> 「来年はステージに立っています!」と力強く宣言していました。 決勝に進出した1年生と応援に駆けつけた強化選手(1年生)
「来年はステージに立っています!」と力強く宣言していました。

☆教職員コラム 川上先生 「第10回HRSサービスコンクールを終えて」

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る