Back Home

MÖVENPICK Hotels & Resorts営業部長が意見交換のため来校

MÖVENPICK Hotels & Resorts営業部長Mary Tolentino氏が本校との海外研修生制度提携を探るべく2016年5月20日(木)に来校しました。

海外ホテル研修生制度についてこれまでの経緯を話す石塚理事長 海外ホテル研修生制度についてこれまでの経緯を話す石塚理事長

スイスの都市バールに本社を持つMÖVENPICK Hotels & Resortsは1948年にレストランとして開業した会社です。その後1973年にスイス国内に2つのホテルを開業し、現在では世界24か国に83のホテルを持つホテルグループです。

MÖVENPICK Hotels & Resortsでは、東南アジアリゾートエリアで日本人観光客の増加、そして今後日本人マーケットに力を入れるため、本校と海外研修生制度を確立させたいということでした。またホテルだけでなく、学生に対して海外で働くチャンスを提供できるのではないかというお話も頂きました。

Mary氏とは、現在海外研修生制度として行っているシャングリ・ラ ホテル研修生制度やフィリピンホテル研修生制度などを参考例として研修条件や環境など確認し、今後本校とMÖVENPICK Hotels & Resortsとがどのようにすれば海外研修生制度を立ち上げることが出来るか意見交換しました。

MÖVENPICK Hotels & Resorts営業部長Mary Tolentino氏 MÖVENPICK Hotels & Resorts営業部長Mary Tolentino氏
海外研修生制度について詳細な意見交換を行うMary氏、武内副校長、中山先生 海外研修生制度について詳細な意見交換を行うMary氏、武内副校長、中山先生

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る