2016年度「和食体験&ホテル見学」を実施

昼間部ホテル科・ブライダル科・英語専攻科1年生(DEFLクラス)、夜間部ホテル科・ブライダル科1年生(GHIJKクラス)による「和食体験&ホテル見学」を10月12日(水)に行いました。

クラス集合写真 和食体験 クラス集合写真 和食体験

「和食体験&ホテル見学」は、実際のホテル内にある和食店舗で会席料理を体験し、和食への関心を促し、就職観を養う行事です。また、各自がゲストの立場で施設を見学することで、客観的にホテルを見学し「将来ホスピタリティ産業に就こうとする自分には何が不足しているのか」「自分の就職はどうするのか」を考えることも目的としています。2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録決定され、「和食」をはじめとした日本の食文化が注目されています。日本の食文化を次世代へ継承するための活動が展開される中、本校でも「和食体験」を通じて、日本の食文化の理解を深めています。

ご協力いただいたホテル様一覧(順不同)

グランドハイアット東京/日本料理「旬房」
ヒルトン東京お台場/日本料理「さくら」
ウェスティンホテル東京/「舞」
浦安ブライトンホテル/京懐石料理「蛍」
コンラッド東京/「風花」
ホテルメトロポリタン/花むさし
ハイアットリージェンシー東京/「佳香」
ホテル椿山荘東京/料亭「錦水」
ザ・リッツカールトン東京/「ひのきざか」

和食体験の様子 和食体験の様子
和食体験の様子 和食体験の様子
プロフェッショナルのサービスを体験する学生 プロフェッショナルのサービスを体験する学生

■■夜間部ブライダル科(Jクラス) ホテル椿山荘東京のレポート■■

11:30 ホテル集合
11:45~14:00 会食
14:00~15:15 館内見学(チャペル、神殿、宴会場、客室、メインバー)
15:15~15:30 質疑応答
15:30~15:45 アンケート記入
16:00 解散

料亭「錦水」は、庭園内の雲錦池畔に建つ、数寄屋造りの料亭です。庭に面した窓からの眺めは、まるで森の中で会食しているような雰囲気です。通常の営業では、昼食:11,000円~(土・日祝:18,000円~)、夕食:18,000円~と、学生にとって「料亭」に入ることも、「会席料理」を食べる機会もほとんどありません。この機会に、「料亭」のすばらしさそして「会席料理」を体験することで、和食のすばらしさを実感することが出来ました。レストラン担当接客支配人の俵木章浩様の「和食の作法」と「料理説明」を聞きながら、食事は前菜から始まり、吸物、造り、煮物、焼物、温物、食事、止め椀、香の物、甘味と堪能しました。サービス担当(仲居さん)は、堀田くみこさん(2001年昼間部ホテル科卒業)らに担当していただきました。食事終了後は、ホテル内見学(ブライダルサロン、チャペル、神殿、宴会場、客室、メインバー)として案内をしていただきました。

【参加した学生からのコメント】
今回始めて会席料理をいただきましたが、とても感動しました!前菜の色とりどりな美しさなど見て楽しめるところ、また吸物では柚子、温物ではわさびのとても良い香りで楽しめるというところ、そしてお箸や和菓子のくし?のようなものが少し湿っていて感触でも季節を味わうことが出来ました。ホテル見学では、タイプの違うチャペル、神殿、披露宴会場、ホテルの客室を見て、ホテル椿山荘東京の格式の高さを感じました。最後に、このようなところを見学することが出来、とても光栄に思いました。

ページトップへ戻る