Back Home

昼間部1年生対象 キャリアデザインOB・OG講話を実施

卒業後の進路、豊かな将来へのステップを支援するキャリアデザインの授業内で「OB・OG講話」を2月17日(金)までに昼間部1年生全クラスを対象に実施します。現場の第一線で活躍する卒業生を招き、後輩に話をしてもらうキャリアデザイン「OB・OG講話」。学生が自身のキャリアを考え、ホテル・ブライダルなどのホスピタリティ業界で働く心得を理解し、就職活動に必要なスキルなどを学ぶことの出来る貴重な授業の一つです。

2月15日(水)のキャリアデザインの授業では、株式会社芝パークホテルが運営するパークホテル東京でベルとして活躍している宮城大士さん(2015年昼間部ホテル科卒業/北豊島高校〔東京〕出身)にお越しいただき、現在の業務内容のほか、日本ホテルスクール時代の留学中のエピソードを紹介していただきました。

宮城さんが勤務している「芝パークホテル」はスモールラグジュアリーホテルとして大変評価の高いホテルということで、お客様に寄り添った接客が出来る面もありますが、時にはスタッフひとりひとりがマルチに業務をこなさなくてはいけない大変さがあるということです。しかし宮城さんはその大変ささえ「ラッキー」だと話します。

例えばお客様になにか質問をされた時、自分の業務だけわかっているだけでは、その場で即答できないこともあるかもしれませんが、色々な業務に携わっているからこそ、お客様の様々なお問合せやご要望にもすぐに対応することが出来る。それはとても「ラッキー」なことであり幸せです、という言葉が印象的でした。

最後に、在学中はこの授業は意味があるのか、またどこで活かせるのかわからなかった授業ほど、現場に出てとても意味があるものだったと強く感じているので、今学んでいることには全て意味があるのだと思って頑張ってほしいと後輩らにエールを送っていました。講話後、積極的に質問をする学生の姿から、今後臨む就職活動への意欲の強さがうかがえました。

キャリアデザイン授業を終えて校舎受付前にて(宮城さん) キャリアデザイン授業を終えて校舎受付前にて(宮城さん)

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る