Back Home

卒業生が2020年夏開業予定のラグジュアリーホテル(仮称 京都二条ホテルプロジェクト)の総支配人に就任へ

本校を1994年に卒業した楠井学さんが、(仮称)京都二条ホテルプロジェクトの総支配人に就任されました。現在、三井不動産株式会社が京都市中京区において進めているプロジェクトで、17世紀末頃より昭和中頃まで250年以上にわたり三井総領家(北家)の居宅がある三井不動産グループとゆかりのある地で、グループ直営のフラッグシップとなるホテルの工事を進めています。楠井さんは2020年夏の開業を予定しているフラッグシップホテルの総支配人としての就任が決定しました。

(仮称)京都二条ホテルプロジェクト エントランス(完成予想CG)

楠井さんは1994年に本校を卒業した後、パーク ハイアット 東京の開業メンバーとして入社され、ハイアット リージェンシー サイパン、マンダリン オリエンタル 香港、ザ・リッツ・カールトン東京 営業部長、フォーシーズンズホテル丸の内 東京 セールス&マーケティング部長など国内・海外の外資系ラグジュアリーホテルでさまざまな経験を積まれた後、マンダリン オリエンタル 東京 副総支配人 セールス&マーケティングという立場で、ホテルの売り上げ、営業統括、マーケティング戦略の立案・実行など重責を担われてきました。

2016年3月には本校の昼・夜間部の学生を対象とした就職活動の一環とした学内会社説明会で、ゲストスピーカーとして来校し、楠井さんよりご自身の経歴、さまざまな外資系ホテルでのご経験、そして、ホテル業界で求められている人材像についてなど在校生に向けて幅広い内容をお話いただきました。

当時の来校の様子はこちらから

また、今回の総支配人就任にあたって、楠井さんより本校の在校生にメッセージを頂きました。
「1994年卒の楠井学です。パーク ハイアット 東京のベルボーイから私のホテルマン人生がスタートし、その後、東京、サイパン、香港で、様々な外資系ブランド:ザ・リッツ・カールトン、フォーシーズンズ、マンダリンオリエンタルでキャリアを重ねてきました。そして今回、2020年夏、三井不動産が京都で独自に作り上げるフラッグシップホテルの総支配人に着任し、多くの方が期待を寄せてくださるプロジェクトに参加できることに幸せを感じています。そこに、母校・日本ホテルスクールで学ばれている皆さんとホテルの開業メンバー・一期生として一緒に働けるのであれば、こんなにも嬉しいことはありません。楽しく、風通しのいい職場環境を目指しています。ゼロからつくりあげるこのプロジェクト、どうぞご参加ください!」

★2月7日に第一回のプレスリリースが配信されました
プレスリリースはこちらから確認できます

★楠井さんが総支配人として就任されたホテルへの就職にご興味のある方は下記をご覧ください。
卒業生・楠井さんが総支配人として就任されたホテル(仮称)京都二条城ホテルプロジェクト公式採用サイトはこちらから

総支配人 楠井学氏 総支配人 楠井学氏
中庭(庭園と水盤)完成予想CG 中庭(庭園と水盤)完成予想CG

(仮称)京都二条ホテルプロジェクトを推進する三井不動産グループはこれまで自社開発ブランドの「三井ガーデンホテルズ」と「ザ セレスティンホテルズ」を国内で積極的に展開し、東京都心部の複合開発においては、「マンダリンオリエンタル東京」、「ザ・リッツ・カールトン東京」など、世界的にも著名なホテルの誘致にも取り組んでいます。

2016 年3 月には、「NEMU RESORT」(三重県志摩市)内に世界的なリゾートブランドのAMAN (アマン)を誘致し、「AMANEMU(アマネム)」を開業。また、三井不動産グループが保有・運営し、ハワイの名門リゾートホテルとして愛されてきた「ハレクラニ」を日本国内でも展開することが決定し、2019年7月26日に「ハレクラニ沖縄」(沖縄県・恩納村)を開業する予定です。これまでに開業した「三井ガーデンホテル」、「ザ・リッツ・カールトン東京」、「マンダンリン オリエンタル 東京」、「アマネム」では、多くの本校の卒業生が活躍しています。また、2019年夏に開業予定の「ハレクラニ沖縄」にも2019年3月卒業予定の本校の学生7名の就職内定が決まっています。

2019年3月卒業予定者の就職内定一覧
「ハレクラニ沖縄」、「ザ・リッツ・カールトン東京」、「マンダリン オリエンタル 東京」など、続々決定!

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る