Back Home

電話応対技能を競う!ホテスクST杯2019決勝戦

お客様満足度を高めるために欠かすことのできないスキル、電話応対。
日本ホテルスクールでは今年度より、ホテルサービスにおける電話応対力向上のきっかけ作りとして、新たな校内コンテストを企画、開催をスタートさせました。
その名も「ホテスクST杯」Smart Telephone Contestです。

その記念すべき第一回決勝戦が、将来ホテリエを目指す大勢の高校生や保護者の皆様が見守る中で開催されました。

★予選の様子はコチラから

電話応対技能を競う!ホテスクST杯2019決勝戦!!

"今回、校内予選をくぐり抜けて決勝へ進出したのは
「1年生には負けられない!」と志気を高める2年生2ペアと
「ホスピタリティーに学年は関係ありません!!」と
頼もしい目標を胸に、向上心を燃やす1年生1ペア。
課題として設定されたベルスタッフとゲストとの会話を
現場のリアリティそのままに披露しました。
課題は同じでありながら、その表現方法やホスピタリティーの軸は様々。
各ペアが披露する圧巻のパフォーマンスからは、努力の成果が惜しみなく伝わってきます。
そのクオリティの高さに圧倒されているうち、
競技時間の3分間はあっと言う間に過ぎていきました。"

電話に出る第一声が、その後の印象を左右します 電話に出る第一声が、その後の印象を左右します
お客様の心情を声から読み取り、波長をあわせて会話することも重要なホスピタリティポイント お客様の心情を声から読み取り、波長をあわせて会話することも重要なホスピタリティポイント
お客様が何を望んでいるのか、慎重に聞き出すことで最善の対応策を導き出します お客様が何を望んでいるのか、慎重に聞き出すことで最善の対応策を導き出します
表情や動作に頼らず「声」だけで伝わってくるホスピタリティ要素を、じっと耳を澄まして審査 表情や動作に頼らず「声」だけで伝わってくるホスピタリティ要素を、じっと耳を澄まして審査
どうお伝えすれば気持ちが届くのかも考えての言葉選び どうお伝えすれば気持ちが届くのかも考えての言葉選び
学生とは思えないほどのパフォーマンスは、そこが学校であることを忘れさせるほど! 学生とは思えないほどのパフォーマンスは、そこが学校であることを忘れさせるほど!

"観戦する高校生の視線からは、数年後の自分を思い描く真剣さが伝わってきました。
「ホテル接客」というと立居振る舞いばかりがクローズアップされがちですが
視覚に頼らなくても伝わるおもてなしの術を会得してこそ真のホテリエと呼べるのではないでしょうか。

日本ホテルスクールでは、他校では取り組まないような接客力向上の機会を学内コンテストを開催することでも与えています。
学生だからと妥協しない向上心と志気の高さこそ、JHS卒業生が業界から信頼、期待され続けている大きな要素となっているはずです。

決勝進出を果たした3組の学生たち 決勝進出を果たした3組の学生たち
優勝:昼間部英語専攻科2年 桜井 美颯さん(右)と田島 千聖さん(中央) 優勝:昼間部英語専攻科2年 桜井 美颯さん(右)と田島 千聖さん(中央)
準優勝:昼間部ブライダル科2年 鉾之原 咲和さん(右)と酒井 彩希さん(中央) 準優勝:昼間部ブライダル科2年 鉾之原 咲和さん(右)と酒井 彩希さん(中央)
第3位:昼間部ホテル科1年 大河内 絢音さん(右)と中島 京香さん(中央) 第3位:昼間部ホテル科1年 大河内 絢音さん(右)と中島 京香さん(中央)

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る