Back Home

高等教育の修学支援新制度「高等教育無償化」対象機関として承認されました

専門学校日本ホテルスクールは、高等教育の修学支援新制度「高等教育無償化:大学・高等専門学校・専門学校」の対象機関として承認されました。

文部科学省では、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、高等教育の修学支援新制度の準備を進めています。

国の高等教育の修学支援新制度は、授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)と給付型奨学金(返還が不要な奨学金)の2つの支援があります。新しい支援制度は、高等教育機関で安心して学んでいただくものとして、2020年4月から開始します。

今回の新しい支援制度では、世帯年収の基準を満たしていれば、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。

支援を受けられる金額は、「世帯の収入がどのくらいか」「進学先の学校の種類(大学か、短期大学か、高等専門学校か、専門学校か)」「自宅から通うか、一人暮らしか」などによって異なります。

■支援の内容■

支援の対象となる学生:
・住民税非課税世帯、およびこれに順ずる世帯
・成績または学習意欲などの要件を満たした上で、機関要件を満たしている承認を得た学校に入学、在学していること

実施される支援:

・授業料および入学金の支援(上限)

昼間部 入学金(100,000円) 授業料(590,000円/年)
夜間部 入学金(80,000円) 授業料(390,000円/年)
※年収約270万円までは満額(10/10)、約300万円までは満額の2/3、約380万円までは満額の1/3を支援

・給付型奨学金の支援

自宅通学 月額(38,300円)
自宅外通学 月額(75,800円)
※年収約270万円までは満額(10/10)、約300万円までは満額の2/3、約380万円までは満額の1/3を支援

支援を受けるためには、高校生の方は、在学中の高校を通じて日本学生支援機構(JASSO)への申込手続きが必要です。

文部科学省「高等教育の修学支援新制度について」

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る