Back Home
帝国ホテル内定 昼間部 ホテル科
間瀬 更紗さん 神奈川県立鶴嶺高校(神奈川県 )出身

日本を代表するホテル「帝国ホテル」に内定!

ホテル業界を志望した理由

高校1年生のころに始めた地元のホテルでのアルバイトを通じて接客の楽しさを知り、将来はホテルで活躍したいと意識し始めました。高校生だったとはいえ、接客をする中で「もっとこうしたらいいのに」「こんな接客だったらいいのに」と思うこともあり、自分が思うことを行動に移すことができるのも接客の魅力だと感じていました。高校卒業後は、大学進学も考えていましたが、専門的な知識や技術を身に付け早く働きたいという思いから専門学校への進学を決めました。

専門学校日本ホテルスクールのここがよかった

2年間3回行われるホテル実習では、それぞれ異なるホテルで実習を行うことによって、ホテルの違いのみならず、客層が異なることによるサービスの違いを知る機会になりました。また、2年次で学ぶ「フロントシステム」などの授業は、自身の視野の狭さに気付くきっかけになったと思います。サービスの基礎を学ぶ1年次とは異なり、2年次になるとホテル経営に携わる立場として経営に関する授業が行われます。ホテルの仕事は目に見える”接客”や”サービス”のみならず、その裏にある”マネジメント”も理解する必要があると感じました。特に「フロントシステム」の授業は、担当する先生から具体的な事例を紹介いただくことも多く説得力があり、私にとって刺激的な授業でした。

私の就職活動

帝国ホテルは、格式の高いホテルであるという印象を持っていましたが、選考前に見学した際にホテルのスタッフの方とお客様のやり取りを間近に、格式が高い中にもお客様との距離の近さを感じました。帝国ホテルの選考は、会社説明会から1次選考(面接・筆記)まで、学校内で行われました。最終面接を迎えるにあたっては、学校にある先輩方の活動報告書を確認し準備を整えて面接に挑むことができました。英語面接では、趣味や生活に関する質問などがあり、リラックスして話すこともできました。内定の報告があったときは素直に喜びましたね。私は常に自信があるわけではありません。しかし、失敗を恐れず積極的に行動しようとする強い思いを持っています。そんな姿勢も評価されたと感じています。

2013年9月 現在


ホテル科について内定者速報
mase_sarasa

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る