Back Home

日本語学校の教職員を対象に説明会を実施

日本語学校教職員を対象にした情報交換会を2014年9月18日(木)、都内ホテルにて行いました。当日は、日本語学校の教職員の皆さまをはじめ、22名の方にご出席いただきました。説明会は、前半はセミナーを行い、その後、立食形式にて情報交換会を実施しました。

日本語学校情報交換会の様子 日本語学校情報交換会の様子

セミナーでは、本校の学校概要DVDの上映、概要の補足説明の後、ホテルの人事担当者様より「外国人留学生に求める資質と日本語能力」と題したテーマについてご講演いただきました。「採用において、日本人と外国人留学生は全く同じ基準で、あくまでも個人の資質(明るさ、コミュニケーション能力等)により選考しております。ときには、外国人留学生の中には、個人の主張が強すぎて、組織に馴染めないように思われる方を見受けることがありますが、ホテルで働くからには、実は協調性も必要です」とお話ししてくださいました。

その後に、本校の卒業生、金アロミさん(2008年3月卒業 韓国出身/ハイアット リージェンシー 東京 勤務)、韓東秀さん(2009年3月卒業 韓国出身/帝国ホテル 東京 勤務)と在校生、王瑶さん(昼間部ホテル科2年 中国出身/横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 内定)、陳致傑さん(昼間部ホテル科2年 台湾出身/(株)三井不動産ホテルマネジメント 内定)4名によるパネルトークを実施しました。

卒業生に対し、「日本のホテルで5年以上勤務されていますが、日本語で困るようなことはありますか?」と質問を投げかけたところ、金アロミさんは「レストランでレセプション(お客様を席まで誘導、予約業務等)の仕事をしていますが、電話で予約を受けた際、相手が見えないこともあり、たまに戸惑うことがあります」と答え、韓東秀さんは、「フロントで働いていますが、年配のお客様が多いので、日本語が分からず、再度お聞きするようなこともあります」と話していました。一方で、在校生2名からは、ホテルから内定を得るまでの経過報告がありました。今回の報交換会は、活発な意見交換がなされ無事終了しました。

卒業生&在校生によるパネルトーク 卒業生&在校生によるパネルトーク
卒業生 韓東秀さん 卒業生 韓東秀さん
卒業生 金アロミさん 卒業生 金アロミさん
在校生 王瑶さん 在校生 王瑶さん
在校生 陳致傑さん 在校生 陳致傑さん

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る