Back Home

昼間部2年生 海外研修旅行~ヨーロッパ ローマ・パリ

昼間部2年生の海外研修旅行のひとつ、ヨーロッパコースは2015年1月22日(木)から2月10日(火)にかけて実施され、計4グループ132名が参加しました。渡航先はイタリア・ローマとフランス・ベルサイユとパリの6泊8日です。

海外研修旅行先のヨーロッパで集合写真を撮る昼間部2年生

ローマの魅力は何と言っても街中が世界遺産であることです。フィミチーノ空港から中心部までのバス移動の際にも左右にライトアップされた遺跡や神殿が見られ車内は感嘆の声が挙がっていました。翌日はこれらローマ歴史地区と世界遺産であり世界最小の独立国家でもあるバチカン市国を中心に観光が行われました。

昼食は近年世界中で見直されている"スローフード"のフルコース。敷地からローマ帝国時代の彫刻が発見された話題のレストランでオーナーとチーフシェフのレクチャーを受けながらいただきました。紀元前7世紀に建国されたローマの遺跡を守りながら新しい街並みを築くことの難しさも同時に実感したようです。

3日目は同じく世界遺産フィレンツェへの日帰り観光です。フィレンツェは屋根のない博物館ともいわれ、街中が芸術作品であると言われています。その輝かしい歴史はメディチ家のもと、ルネッサンス(14世紀から16世紀)に花開きました。フィレンツェではルネッサンスを語るには欠かせないウフィッツィ美術館とフィレンツェのシンボル、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の大聖堂)を中心に見学しました。

フランス・ベルサイユではホテルスクールならではのハイライト、ベルサイユ宮殿に隣接するホテル"トリアノンパレス"に宿泊しました。1910年創業の歴史ある建物とバロックスタイルの豪華な内装、ミシュランの星を持つダイニングと優雅なひと時を過ごしたようです。

最後の宿泊地であるパリでは各自がそれぞれに事前に計画していた予定を実行、夕食会でお互い報告しあう姿が印象的でした。2020年開催の東京オリンピックでは中心となって活躍することになる学生達はこの研修旅行で学んだ異文化に対する理解を生かしていくことでしょう。

コロッセオにて コロッセオにて
トレビの泉で婦警さんと一緒に トレビの泉で婦警さんと一緒に
昼食レストランでオーナーと一緒に撮影 昼食レストランでオーナーと一緒に撮影
ミケランジェロ広場にて ミケランジェロ広場にて
ウフィッツ美術館テラスで撮影<br> フランス・ベルサイユではホテルスクールならではのハイライト、ベルサイユ宮殿に隣接するホテル ウフィッツ美術館テラスで撮影
フランス・ベルサイユではホテルスクールならではのハイライト、ベルサイユ宮殿に隣接するホテル"トリアノンパレス"に宿泊しました。1910年創業の歴史ある建物とバロックスタイルの豪華な内装、ミシュランの星を持つダイニングと優雅なひと時を過ごしたようです。
ウフィッツ美術館テラスで撮影 ウフィッツ美術館テラスで撮影
フランス・パリ エッフェル塔 フランス・パリ エッフェル塔
旅行最終日の夕食会 旅行最終日の夕食会

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る