Back Home

海外研修旅行 昼間部1年生280名がフィリピンへ

昼間部1年生海外研修旅行を2016年1月13日(水)~1月18日(月)の期間に実施しました。昼間部7クラス計280名の学生が5泊6日でフィリピンの首都マニラとリゾート地セブを訪れる旅程です。

ザ・ペニンシュラマニラ ホテル見学の際の集合写真 ザ・ペニンシュラマニラ ホテル見学
最前列 左から、卒業生の奥薗さん、筆口宿泊部支配人、西角さん

1年次に行うこの海外研修旅行は、本校と提携する総合大学パーペチュアル・ヘルプ・システム大学(以下UPH)の全面的な協力のもと実施している専門学校日本ホテルスクールならではのプログラムです。

国際交流への理解、異文化に触れることを目的として旅行中に学生一同が体験できた内容は、振興開発地区にある「ザ ベルビューホテル マニラ」での宿泊体験、UPHでの民族衣装のファッションショーや余興で歓待を受ける交流会・歓迎レセプション、UPH学生自身が作り出す模擬挙式やリゾート地の紹介をするトラベルマート。そして本校卒業生による施設案内や宿泊支配人、筆口氏による講話に魅了されたラグジュエリーホテル「ザ・ペニンシュラマニラ」の見学も行いました。首都マニラ滞在中はUPHの学生がツアーガイドを務め、交通事情にドキマギしながら散策する市内見学とショッピング、UPH学生と皆で踊った「さよならパーティー」も行いました。

美しい海が広がる人気の旅行先でもあるセブ島では、開放感があり24時間まるごとリゾートライフ体験が味わえるリゾートホテル「プランテーション ベイ リゾート&スパ」での滞在を楽しみ、内容の濃い6日間となりました。

他国での食事や食べなれた味との違い、いつも笑顔を絶やさず大らかに人を迎える人、フィリピンタイムと呼ばれる時間への意識、物価、ホテル、ショッピングモールなどの商業施設の規模の違い、車中から眺める市街地、リゾートホテルの過ごし方などを肌で感じることができ、未体験の世界を見聞きし、これまで考えたことも日本との違いを学生自身が実感する機会となりました。異文化や異なる環境で身をもって感じとった経験は、学校生活だけではなく、これからの人生を有意義に過ごす糧となることを期待しています。

パーペチュアル大学(UPH)レセプションにて記念撮影 パーペチュアル大学(UPH)レセプションにて記念撮影
さよならパーティー後にUPHの学生の皆さんと記念撮影 さよならパーティー後にUPHの学生の皆さんと記念撮影
セブ島宿泊先ホテル「プランテーション ベイ リゾート&スパ」内にて セブ島宿泊先ホテル「プランテーション ベイ リゾート&スパ」内にて

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る