Back Home

昼間部1年生を対象にホテル見学研修を実施しました

昼間部1年生を対象としたホテル見学研修を9月、10月に4日間の日程で実施しました。実施日ごとに見学するホテルは異なります。

ホテル見学では、ロビー周りやレストラン、客室、宴会場やチャペルの中まで、様々な施設を見学させていただきました。普段、なかなか見ることのできない施設を見学できる機会は、学生にとって貴重な経験となりました。さらに、人事担当者の方とお話ができ、就職活動や採用に関すること、今後の業界の展望などのお話をしていただきました。

また、ホテル見学に加えて、「ヒルトン東京お台場」「アマン東京」「ホテルオークラ東京」「ホテル椿山荘東京」ではアフタヌーンティーを体験しました。アフタヌーンティーとは、1800年代中ごろにイギリスの上流階級の間で始まった習慣で、昼食と夕食の間に紅茶や軽食(スコーン、サンドイッチなど)を楽しみ仲間と語らいながら過ごしたのが始まりといわれています。現代では、多種多様なアフタヌーンティーの形がありますが、言葉自体を初めて知った学生も、その豪華な食事に舌づつみを打っていました。そして、実際に勤務するスタッフの方々をみて、その接客術や気配りを感じ取ることができました。

学校生活ではなかなか経験できない体験をし、将来ホテル業界をめざす学生にとって、今後に活かすことのできる研修となりました。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの人事・総務部 担当部長 角野弘樹様(左)に見学のアテンドをしていただきました ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの人事・総務部 担当部長 角野弘樹様(左)に見学のアテンドをしていただきました
ヒルトン東京お台場のレストラン「Grillogy BAR AND GRILL」にて、人事業務部 クラーク 安部有紀様(右)より説明をしていただきました ヒルトン東京お台場のレストラン「Grillogy BAR AND GRILL」にて、人事業務部 クラーク 安部有紀様(右)より説明をしていただきました
ヒルトン東京お台場「SEASCAPE TERRACE DINING」にて、アフタヌーンティーを楽しむ学生たち ヒルトン東京お台場「SEASCAPE TERRACE DINING」にて、アフタヌーンティーを楽しむ学生たち
アマン東京の客室にて、説明を受けメモを取る学生 アマン東京の客室にて、説明を受けメモを取る学生
アマン東京の「ブラックアフタヌーンティー」を前に、集合写真 アマン東京の「ブラックアフタヌーンティー」を前に、集合写真
ザ・リッツ・カールトン東京のフレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」にて、説明を受ける学生 ザ・リッツ・カールトン東京のフレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」にて、説明を受ける学生

ホテルの学校でホテルを学ぶ ホテル科についてはこちらから
英語を使った仕事をめざす!授業全体の7割を英語で実施 英語専攻科についてはこちら

今回のホテル見学を実施するにあたり、それぞれのエリアを代表するホテルの皆様にご協力いただきました。

ご協力いただきましたホテル企業
・東京ベイエリア ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ/ヒルトン東京お台場
・丸の内・日比谷エリア 帝国ホテル 東京/アマン東京
・赤坂・六本木・虎ノ門エリア ザ・リッツ・カールトン東京/ホテルオークラ東京
・新宿エリア ヒルトン東京/ホテル椿山荘東京

ザ・リッツ・カールトン東京のロビーにて ザ・リッツ・カールトン東京のロビーにて
ホテルオークラ東京にて、アフタヌーンティーを楽しむ学生たち ホテルオークラ東京にて、アフタヌーンティーを楽しむ学生たち
ヒルトン東京にて、人事事業部 次長 福岡紀枝 様と集合写真 ヒルトン東京にて、人事事業部 次長 福岡紀枝 様と集合写真
ホテル椿山荘東京「慶雲殿」にて説明を受ける学生 ホテル椿山荘東京「慶雲殿」にて説明を受ける学生

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る