Back Home

ウェディングプランナーのスキルを競う「GOOD WEDDING AWARD 2018」の見学に行ってきました!

ホテルブライダル研究会の第6回目活動を行いました!2018年8月7日、東京国際フォーラムで行われたGOOD WEDDING AWARD 2018(以後GWAとします)の最終審査会の見学に行ってまいりました。

GWAとは、全国で活躍するウェディングプランナーが実際に担当した結婚式を取りあげ、具体的なアイデアやプランニングスキルだけでなく、乗り越えなければならないハードルをどのようにして越えてきたか、またどのように新郎新婦を理解し、どのような想いで二人の結婚式を実現したのかをプレゼンテーションし審査するコンテストです。
今回のコンテストには400を超える全国の方からの応募があったということですが、その中からベスト8に残ったファイナリストによるプレゼンテーションが行われました。

コンテストの開会前に、GWAを主催している株式会社リクルートマーケティングパートナーズの方による、GWA鑑賞教室を開催していただきました。ここでは、業界におけるマーケットの情報や年代による移り変わり、そして今回のGWAの見どころをわかりやすく解説していただきました。

鑑賞教室の様子 鑑賞教室の様子

今回のファイナリスト8名は、プランナー歴2年~10年、専属プランナーさんもいればフリーランスでプランナーをやっているという方もいて、様々です。しかし、発表を聞いていて「お客様のためにできる限りのことを全力で取り組む姿勢」というのは全員に共通していると感じました。新郎新婦の希望も様々で時代の流れにより求められるものが変化する中で、新郎新婦が何を望んでいるかをキャッチし、独創的なプランニングをし、困難に差し掛かったときにいかに柔軟に乗り切れるかということがプランナーには求められています。8名の発表では、結婚式を作り上げるために、壁にぶつかりながらも新郎新婦と一緒に作り上げた様子を実際の写真や動画を使って具体的プレゼンされていました。なるほどなと感心することばかりで、家族をつなぐ内容に涙する学生も多く見受けられました。これから、ブライダル業界での活躍を目指す学生にとって、本当に貴重で有意義な時間になったことは間違いないでしょう。 

「いい結婚式」とは、どんな結婚式でしょうか?

この問いに対する答えは一つではなく、無限にあることでしょう。これから業界を目指すみなさんもぜひ考えてみてはいかがでしょうか?

ファイナリストはこんなにも大勢の前でプレゼンします ファイナリストはこんなにも大勢の前でプレゼンします
投票権があるのでしっかりメモをとります 投票権があるのでしっかりメモをとります
発表を聴き終えて大興奮の学生たち 発表を聴き終えて大興奮の学生たち

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る