職業実践専門課程 認定

学校法人日本ホテル学院 専門学校 日本ホテルスクール

Back
Access
Search
Menu

コンシェルジュ業務特別講義

昼間部1年生の実習代替講座内で、野武 宏仁 様(2000年昼間部ホテル科卒業)にコンシェルジュ業務についての特別講義をして頂きました。
 野武様は、ホテル西洋銀座、シャングリ・ラ ホテル 東京、マンダリン オリエンタル 東京などでご活躍された後、現在はコンラッド東京のチーフコンシェルジュとして勤務されています。

コンシェルジュの野武様とお客役の糸永先生

留学経験はなく、独学で英語を習得され、現在は外国人総支配人やスタッフとコミュニケーションを取るのは、日本語よりも英語の割合が多いという事です。今は不自由なく外国人スタッフとコミュニケーションを取っていらっしゃる野武様ですが、学生時代は英語が得意な方ではなかったそうです。
そんな野武様の英語学習方法をご紹介頂きました。
・授業のホテル英語は完璧にする。
・先輩の話し方を聞いたり、メールのやり取りをみたりしベースを固める。
・過去形、過去分詞系を振り返り、ニュアンスの違いを勉強する。

「お客様からのリクエストについて」の質問に関しては、「どれが珍しいか感覚が麻痺するほど様々な要望がある。」との事で、事例を聞いた学生は目を輝かせて聴講しておりました。

聴講する学生 聴講する学生

講義の中で、担当職員がお客様役になり、コンシェルジュデモンストレーションをして頂きました。
リクエスト内容は、とても良くあるというプロポーズのリクエストです。
「ホテル内でプロポーズをしたいので、プランを提案してほしい」という糸永先生のリクエストにコンシェルジュとしてご対応されました。
まず野武様は、「お任せ下さい!」と心強いお言葉。コンシェルジュはこの一言が重要だと、お話しをされていました。糸永先生に状況を確認した後、短時間で沢山の提案をされました。

学生からは、「コンシェルジュ業務を深く知らなかったので、とても感動した。」「想像していたよりも大変な仕事だと思った。」「自分の進路の選択肢にコンシェルジュを入れることが出来た。」等の感想があり、就職活動を開始し始めた1年生にとってとても価値のある講座となりました。

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る