職業実践専門課程 認定

学校法人日本ホテル学院 専門学校 日本ホテルスクール

Back
Access
Search
Menu

生活・文化雑誌「クロワッサン」で山本浩子先生が紹介されました

『クロワッサン』(2022.8.10号)「着物の時間」で紹介された山本浩子先生

株式会社マガジンハウスから発行されている生活・文化雑誌「クロワッサン」(2022年8月10日号)の連載企画「着物の時間」にて、本校副校長の山本浩子先生が紹介されました。「着物の時間」は、着物をこよなく愛する各界の著名人が、着物秘話や着こなし法を語る「クロワッサン」の人気連載です。

『クロワッサン』(2022.8.10号)「着物の時間」で紹介された山本浩子先生

「きれいなものに囲まれている結婚式。だからこの仕事が好き」という山本先生。もう一つの“きれいなもの”として着物を挙げています。ウェディングプランナーとして数々の結婚式を手がけていた時代に、着物について相談を受けることが多かったそうです。自身が着物を着ていないと適切な助言ができないと限界を感じてきたことから、着付け教室に通い始めたことが着物を着始めるきっかけだったと語っています。

その後、自身も着物を着たいと思うようになり、ちょっとした外出でのおしゃれ着として着るようにも。数多くの着物を揃えるようになったのも着物を知り尽くした着物店の店主さんとの出会いがあったそうです。

山本先生はウエディングプランナーとして業界の第一線で長く活躍され、2014年より本校のブライダル科の講師とともに副校長として学校全体の運営にも携わっています。2010年には公益社団法人日本ブライダル文化振興協会主催で開催される「マスター・オブ・ブライダルコーディネーター」の称号大会で優勝し、The Master of Bridal Coordinator2010グランプリを受賞しました。記事では、山本先生にとっての初めての縞の着物を着た写真も紹介されています。着物との出会いから、着こなし法、そしてお気に入りのコーディネートまで紹介している山本先生の記事をぜひご覧ください。

株式会社マガジンハウス『クロワッサン』 株式会社マガジンハウス『クロワッサン』
人気連載「着物の時間」 人気連載「着物の時間」
山本先生にとって初めての縞の着物。ハイアット セントリック 銀座 東京にて撮影 山本先生にとって初めての縞の着物。ハイアット セントリック 銀座 東京にて撮影

本校の昼・夜間部ブライダル科では「和装着付」の授業が行われています。着物と帯の各部の名称、着付に必要な和装小物やTPO(時間、場所、状況)に合わせた着物と帯の種類を学習しています。実際に学生自身が着用できるように着付の練習も行っています。

★夜間部ブライダル科「和装着付け練習の様子~卒業式袴展示会プロジェクト」(学生ブログ)の様子はこちら

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る