Back Home

弁論大会 最優秀賞インタビュー 日本語部門:田川沙樹さん

昼間部ブライダル科 田川 沙樹 さん(東京都立南平高等学校出身)
今回インタビューしたのは、田川沙樹さん。弁論大会 日本語部門最優秀賞です!

こんにちは!ホテウサです。
接客のプロを目指す日本ホテルスクールで弁論大会があると聞いて、取材してきました!
今日は日本語部門で優勝された田川沙樹さんのインタビューをお送りします!

(弁論大会 最優秀賞インタビュー 英語部門:林子淳さん はこちら)

なぜ弁論大会に出場したんですか?

前回のリベンジです!
1年前、私はこの弁論大会の本戦に出場しました。
その時は、入賞はできたものの、1位を獲得することができませんでした。この1年間、1年生の自分からどれだけ成長できたのか、今年こそは絶対1位を獲得する。そう決心し、出場を決めました。

テーマを「言葉の持つ力」にした理由は?

将来は結婚式の司会者になりたいと言う夢もあったので、今の自分にしっくりくるテーマにしました。

出場前、大変だったことは何ですか?

エントリーぎりぎりまでテーマが決まらなかった事です。
前回のリベンジとかっこいい事を言いましたが、実はテーマが決まらず本当に悩みました。1位を獲得する為には…と堅く考えてしまった事が原因です。

最優秀賞を獲得した心境をお願いします!

目標だった1位を獲得する事ができ、本当に嬉しく思います。ただ今回は出場希望者が多く、また皆さんレベルが高かったため結果が発表されるまで本当に不安でした。
しかし、練習に付き合ってくれたクラスメイトや本番前応援メッセージをくれた友達、そして先生方のおかげでこのような結果を頂く事ができました。本当にありがとうございました!

実はぎりぎりまでテーマが決まらなかったにも関わらず、目標に向けて工夫をしたことが最優秀賞につながったんですね。また、周囲の人のサポートも大事だったようです。
ボクも来年は弁論大会に出場してみたいと思います!
「言葉の持つ力」”皆さんは話をするとき、どんなことに気をつけていますか?” 「言葉の持つ力」”皆さんは話をするとき、どんなことに気をつけていますか?”
見事、最優秀賞に輝き、校長先生から表彰を受けました! 見事、最優秀賞に輝き、校長先生から表彰を受けました!
”言葉を使って話すとき、話の組み立て方・始まり方の一言をどうすればいいか知っているだけで、今までとは段違いに惹かれる話に変わります” ”言葉を使って話すとき、話の組み立て方・始まり方の一言をどうすればいいか知っているだけで、今までとは段違いに惹かれる話に変わります”
全校在校生約900名、ホテル総支配人の方々などのゲスト審査員20名、内部審査員1名、教職員29名、計約950名の聴衆を前に、総勢38名の予選を通過した日本語部門5名、英語部門5名、計10名の弁士が熱弁を振るいました。 全校在校生約900名、ホテル総支配人の方々などのゲスト審査員20名、内部審査員1名、教職員29名、計約950名の聴衆を前に、総勢38名の予選を通過した日本語部門5名、英語部門5名、計10名の弁士が熱弁を振るいました。






田川 沙樹さん の弁論「言葉の持つ力」


6分41秒


専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る