Back Home

ホテル&ブライダル研究会『「いい結婚式」をプロデュース「GOOD WEDDING AWARD 2019」』最終審査会を見学

ブライダル科 淺見梨々花さん、國嶋恵さん、長谷部唯さん、宇佐美はづき さん
入社2年目の新人プランナーから17年目のベテランプランナーが参戦するGWA

先日8/6(火)にホテル雅叙園東京で開催された「GOOD WEDDING AWARD 2019」最終審査会を見学してきました。
GWAとは、ウエディングプランナーを対象とした、「いい結婚式」のプランニングコンテストです。
全国のプランナーが参加し、619名のうち、8名がファイナリストに。日本一が決定する瞬間を見学してきました。

雅叙園で行われた「good wedding award 2019」に参加させていただきました。
全国から集まったプランナーの発表を聞いて、結婚式をただ挙げるだけでなく、新郎新婦とその家族の新しい未来を作ることのできる仕事だと感じ、とても感銘を受けた時間でした。私も今回のファイナリストの皆さんのように、“NO”を“YES”に変えられるようなプランナーになれるように、これから自分の引き出しをたくさん作ってチャレンジしていこうと思います。(昼間部ブライダル科1年/淺見 梨々花(橘高校(神奈川県)出身))

実際のブライダルプランナーさん達の発表を聞けたことはとても貴重な体験となりました。どの発表も感動して刺激的で素敵でした。ブライダルプランナーだからこそ出来ること、結婚式の先の人生をハッピーに出来ること、お節介を焼いてもいいこと、発想を変えてダメなものから良いものにすること…
1組1組にそれぞれの物語があって、本音を探って、新郎新婦にもご両家にも、来てくれたゲストにも特別な1日を創るということがとんでもなく素晴らしいことなんだと改めて思いました。貴重な体験が出来てとても良い1日となりました。これからに活かしたいと思いました。(昼間部ブライダル科1年/國嶋 恵(千葉英和高校(千葉県)出身))

ファイナリストの方たちの、実際に担当をしたお客様の様々なお話を聞いて、私が思っている以上にお客様と向き合うというのは難しいということを知りました。そして、本気で向き合わなければ、お客様も本音で話していただけることはないのだと気づきました。また、お客様のおっしゃることだけでなく、潜在的ニーズを探り、“お2人のための1番良い形で式をお作りするということ”を学ばせていただきました。そしてプランナーの方々の、その日だけではなく、これからの人生をも良くなるように、と考え、行動するという姿勢がとても素晴らしく、刺激を受けました。全てのお話に、問題、葛藤、感動があり、リアルに自分に置き換え、イメージすることができました。自分もこういうプランナーさんになりたい!と強く思えた、とても素晴らしい経験でした。ありがとうございました。(昼間部ブライダル科1年/長谷部 唯(神奈川県立有馬高校 出身))
プランナーさんの想いのこもった結婚式に涙が溢れます。 プランナーさんの想いのこもった結婚式に涙が溢れます。
私は先日「GOOD WEDDING AWARD 2019」の最終審査を昨年に引き続き見学してきました!
昨年同様、今年も学生プログラムに参加しブライダルについての理解をさらに深めることが出来ました。
その後に行われた最終審査会では、ファイナリスト8名の方が登壇され、順番にプレゼンテーションが行われました。それぞれのプランナーさんの想いを感じ、会場全体が涙で包まれる場面もありました。
私は来年から結婚式場で働くことが決まっており、今日感じたことを忘れないように来年から頑張りたいと思いました。また、ファイナリスト8名のようなプランナーになりたいと強く思いました。
とても素敵で、貴重な体験となりました!(夜間部ブライダル科2年/宇佐美 はづき(東京都立つばさ総合高校))
いつかは同じ舞台に立てるように日々学びと経験を! いつかは同じ舞台に立てるように日々学びと経験を!
619名の中の8名に選ばれたファイナリスト 619名の中の8名に選ばれたファイナリスト

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る