Back Home

強いぞ!日本の観光業界 その1 外国人観光客が激減、日本の観光は大丈夫?

「訪日外国人観光客数99.9%減」

衝撃のニュースを目の当たりにしたのは今年の4月。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、世界的に出入国の制限や外出禁止などの措置がとられ、日本を訪れる外国人観光客は実質「ほぼゼロ」となりました。

【図1】日本の旅行消費額(2019年度)「旅行・観光消費動向調査2019年版」より

2019年に日本を訪れた外国人観光客は過去最高の3188万人。(図2)

東京でも浅草・浅草寺をはじめ、観光名所で多くの外国人観光客の姿を見かけることが当たり前のようになりました。
それが一変、新型コロナウイルスの感染拡大により、外国人観光客がいなくなってしまったのです。

「日本の観光産業は大丈夫なのか?」

そんな疑問が湧いてきますね。

2019年は日本を訪れた外国人観光客は過去最高 2019年は日本を訪れた外国人観光客は過去最高
【図2】訪日外国人数 直近10年間 (単位:百万人)参考:トラベルボイス 【図2】訪日外国人数 直近10年間 (単位:百万人)参考:トラベルボイス

今年4月に観光庁が公表した「旅行・観光消費動向調査2019年版」によると、実は日本の旅行消費額の約8割は“日本人による国内旅行や海外旅行”です。(図1)

急激に外国人観光客が増加したことで、日本の観光産業は外国人に大きく依存していると思われがちですが、日本の観光を支えていたのは、意外にも私たち日本人の観光客だったのです。

もちろん、外国人観光客が増加することで、訪日外国人旅行による旅行消費額は増加しました。
2011年の0.8兆円と比較すると、なんと2019年は4.8兆円の6倍にまで増加しています。

訪日外国人観光客の増加は、日本の少子高齢化や国内の人口減少の環境下で、日本全体の観光消費額を底上げし、観光産業を支える一役を担っていたと言えます。

日本における観光産業において、訪日外国人観光客数の増加は今後も取り組むべき課題です。
しかし、新型コロナウイルスの影響により外国人観光客は実質「ほぼゼロ」という状況の中で、まずは私たち日本人が国内の観光地の魅力を再発見し、国内旅行の需要を高めることに期待が高まっていると言えます。

今こそ、私たち日本人が日本の観光産業を支えるときがきたのです。

-その2- 日本の観光の救世主?「マイクロツーリズム」とは?・・・つづく

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る