Back Home

ホテル科卒業ゼミがスタート ホテル経営シミュレーションに挑戦

国際ホテル学科ホテル科・英語専攻科2年生を対象に、2年間の学習の総仕上げとして、昼間部では「HMS(ホテル・マネジメント・シミュレーション)」、夜間部では「HOP(ホテル・オペレーションズ・プログラム)」の授業を1月下旬から2月中旬の卒業ゼミ期間中にクラスごとに実施します。

ホテル経営シミュレーションを指導する講師

「HMS」は、1年間のホテル経営を4日間で疑似体験する授業です。学生は社長以下、各部門の責任者一人ひとりが経営目標を達成するための意思決定を行います。1年間のホテル経営を行い、四半期ごとにその計画と実績を分析・照合しながら、経営の仕組みを理解します。学生がグループ討議をし、講師の指導を得ながら、主体的に学習することも特長の一つです。一方、「HOP」は、「HMS」と同様にコンピューターによる学習プログラムで、ホテルの部門別計数管理を行う授業です。客室、宴会などの各部門特有の問題解決に照準を当て、ホテル運営を学習します。受け身で学習するのではなく、自分から考え、主体的な学習を展開します。

「HMS」と「HOP」は本校と一般財団法人日本ホテル教育センターが共同で、業界の経営者、および部門管理者を育成する目的で開発した、ゲーム的要素を取り入れたホテル経営を学ぶ独自の教育プログラムです。

ゼミでは、担当講師が株主やホテル利用客の声を提示し、学生一人ひとりが経営者のつもりで対応することで、「経営」の現実味が帯びてきます。また、ホテル同士がマーケットで利用客を取り合う競合の構造になるため、グループごとに競争意識も芽生え、学生らの取り組む姿勢も日々変わります。授業の終盤には、全社および部門別の「損益計算書」を作成し発表します。

「HMS」、「HOP」は講義やテキストから何かを得るという受け身の学習ではなく、自ら積極的に参加し行動することが求められます。授業は2年間の学習の集大成として行い、「サービスから経営までの一貫教育」という教育方針を具体化している本校独自の特別プログラムです。

なお、ブライダル科の卒業ゼミは、2月中旬に昼間部、夜間部それぞれが「ブライダルゼミ発表会」を実施する予定です。

グループワークの様子 グループワークの様子
担当講師による授業の様子 担当講師による授業の様子

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る