Back Home

ヤング・スコールクラブ・ジャパン発足式を開催

「Young Skal Club Japan」発足式を帝国ホテル 東京「富士の間」で2015年7月4日(土)に、観光関連団体、企業、スコールクラブ会員、その他学校関係者の皆さまを含めた約130名の出席者を得て開催しました。帝国ホテルは、50年前の「スコールクラブ・オブ・東京」発祥の地であることから、その伝統にちなみ、同ホテルを会場として開催しました。

スコール・クラブメンバーと入会したヤング・スコール(英語専攻科2年生) スコール・クラブメンバーと入会したヤング・スコール(英語専攻科2年生)

Skal Internationalは、80カ国に400クラブ、17,000人の会員を有する国際的組織。次世代を担う人材育成、会員増を目的として、18歳~35歳の学生および業界人を対象に「Young Skal Club」が、新しいカテゴリーとして作られました。

世界各地のクラブがYoung Skalを促進するのを機に、本校の英語専攻科の学生を中心として「Young Skal Club Japan」を立ち上げました。国際化教育の一環として、80%以上の授業を英語で行う英語専攻科の1年生および2年生の77名全員がメンバーとなっての船出です。

発足式では、アトラクションとして、東京打撃団による日本伝統芸能の和太鼓演奏、ご来賓の紹介、スコール・クラブ・ジャパン会長でもある本校石塚勉校長の主催者挨拶に続いて、スコール本部サリー・シーン会長、スコールアジア地区マルコ・バティストッティ会長からのビデオメッセージ披露しました。

また、日本政府観光局小堀 守理事、スコールアジア地区ジェリー・ペレ前会長、スコールクラブ・オブ・東京デイビット・スペンス会長からのご祝辞を頂戴し、初代会長に任命された英語専攻科2年生の阿部万紗未さん(石川県立金沢西高校出身)に入会承認証とバッジが渡されました。懇親会を兼ねた昼食会では、スコール伝統の乾杯で祝杯し、それぞれのテーブルを中心に相互交流を図りました。

発足初年度は、スコールクラブ会員との交流を促進すると共に、大きなイベントとして、海外研修旅行の機会に、1年生はフィピンのマニラで、2年生はイタリアのローマで、スコールメンバーとの交流を図る予定です。内外の業界人との交流により、グローバルな人材への成長を期待しています。

スコールメンバーとご来賓の皆さま スコールメンバーとご来賓の皆さま
ヤング・スコールクラブ・ジャパン初代会長 阿部万紗未さん(右)へ入会承認証が手渡される<br>(左)スコールクラブ・オブ・東京 デイビット・スペンス会長 ヤング・スコールクラブ・ジャパン初代会長 阿部万紗未さん(右)へ入会承認証が手渡される
(左)スコールクラブ・オブ・東京 デイビット・スペンス会長
乾杯のスピーチ 乾杯のスピーチ
"Skal Toast" 乾杯の儀式。乾杯は「Happiness, Good Health, Friendship, Long Life, Skal!!」で一斉に発声
会場の様子 会場の様子
会場の様子 会場の様子
スコール・クラブ・ジャパン会長を務める日本ホテルスクール石塚勉校長より挨拶 スコール・クラブ・ジャパン会長を務める日本ホテルスクール石塚勉校長より挨拶
日本政府観光局 小堀 守理事からのご祝辞 日本政府観光局 小堀 守理事からのご祝辞
スコール・アジア地区 ジェリー・ペレ前会長 スコール・アジア地区 ジェリー・ペレ前会長
スコールクラブ・オブ・東京 デイビット・スペンス会長 スコールクラブ・オブ・東京 デイビット・スペンス会長
来賓の皆さまと学生が交流を図る 来賓の皆さまと学生が交流を図る
来賓の皆さまと学生が交流を図る 来賓の皆さまと学生が交流を図る
東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出 東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出
東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出 東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出
東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出 東京打撃団による太鼓、尺八、三味線の余興演出
スコールメンバーと入会したヤング・スコール(英語専攻科1年生) スコールメンバーと入会したヤング・スコール(英語専攻科1年生)

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る