Back Home

第10回ホテル&ブライダル研究会 「迎賓館 赤坂離宮」参観

12月18日(火)に第10回目のホテル&ブライダル研究会の活動を行いました。
節目となる今回は、世界各国の国王、大統領などをお迎えし、外交活動の華やかな舞台となる「迎賓館 赤坂離宮」を参観しました。

本館を背景に記念撮影

迎賓館 赤坂離宮は、1909年(明治42年)に東宮御所として建設された、日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物で、当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物です。1974年(昭和49年)に現在の迎賓館として開館、2009年(平成21年)には日本の代表的な建築物の1つとして国宝に指定され、これまで多くの国王、大統領、首相などをお迎えしたほか、主要国首脳会議などの国際会議の場としても使用されています。

館内は華やかで美しく、煌びやかな装飾が施されており、主に公式晩餐会が催される「花鳥の間」は、華やかながらも重厚な造りで、壁に飾られた七宝焼き、天井に描かれた油絵を、学生たちは食い入るように見つめて感嘆の声を上げていました。

国賓・公賓の接遇で使用されるため、館内外の警備は厳重で、緊張感のある見学となりましたが、館内の写真撮影も禁止されていることもあり、その分学生たちは集中して見学をして解説を聞くことができました。また、本研究会の顧問でプリンスホテル勤務時代に迎賓館で国賓・公賓の接遇経験がある中島宣由紀先生による体験談の紹介もあり、学生たちは貴重な経験と多くの学びがあった1日となりました。(中島先生が勤務時代は、帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニ、プリンスホテルの4社持ち回りで接遇。現在は4ホテルに限らず毎年入札で接遇ホテルを決定しています)

今回参加した13名の学生は全員1年生。参観後は、「ホテルでは国賓・公賓を接遇するチャンスがある。こういう経験は他の仕事ではできない」と口にしていた学生が多く、ホテルで働くことの魅力を改めて感じることができたことで、ひとり1人が夢の実現に向けてこれから本格的にスタートする就職活動へ力強い一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

イヤホンガイドを装着して見学をスタート イヤホンガイドを装着して見学をスタート
主庭から望む迎賓館本館 主庭から望む迎賓館本館
国宝に指定されている主庭の噴水 国宝に指定されている主庭の噴水
本館の正面外観 本館の正面外観

☆過去のホテル&ブライダル研究会 活動報告
第9回ホテル&ブライダル研究会“ホテル朝食ツアー”開催@ザ・ゲートホテル 雷門
第8回ホテル&ブライダル研究会“ホテル朝食ツアー”開催@ハイアット セントリック 銀座 東京

☆ホテル&ブライダル研究会の顧問でプリンスホテル勤務時代に迎賓館で国賓・公賓の接遇経験がある中島宣由紀先生によるメッセージ
『これからホテルマンをめざす人たちへ』はこちらから

イベント情報

新着情報

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る