Back Home

スコール世界大会2015 「特別功績賞」を受賞 ~ スペイン

スコール・クラブ世界大会2015が10月28日(水)から11月1日(日)に、スペイン、トリモリノス(=スコール本部所在地)のホテル・コスタ・デル・ソルにおいて開催され、約60か国から300人が出席し、本校からスコール日本会長でもある石塚勉校長が参加しました。

スリランカ、グアム、ネパール、フィリピン、韓国からの出席者と集合写真 トリモリノス・コンベンション・センターにて スリランカ、グアム、ネパール、フィリピン、韓国からの出席者と共に
開会式が行われたトリモリノス・コンベンション・センターにて

4泊5日の日程で、前夜祭に始まり、開会式、本部役員選挙を含む総会、B2B、セミナー、パブロ・ピカソの生地であるマラガ市の観光、会長主催の晩餐会などが行われました。

今年度、本校はヤング・スコール・クラブに関連し、二度の栄誉を得ました。6月フィリピンのマニラで開催されたスコール・アジア大会で、「アジア地区ベスト・ヤング・スコール・クラブ2015」を受賞、そして今回のスコール世界大会2015では、「特別功績賞」を受賞しました。

これらの受賞は、本校が英語専攻科の学生77名をヤング・スコールとして会員登録したことが評価されたものです。現在約35か国に700名のヤング・スコールが登録されていますが、スコール・クラブ・オブ・東京所属の本校学生77名は、全体の10%強の最多を占め、クラブ単位では、アジアで第一位、世界でも第一位となることから、これらの賞を受賞しました。

今年度からは、新しい会員のカテゴリーであるヤング・スコールのセッションが設けられ、イタリア、ケニヤ、インド、メキシコ、スペイン、トルコの6か国15名が参加しています。スコール本部では、ヤング・スコールに向けて、担当役員の配置、ホームページの開設、国際交流会の開催など、若い世代に交流機会を設け、次世代の育成に取り組み始め、新しい潮流ができつつあります。

今年度は、本部役員の改正時期でもあり、これまでのサリー・シン会長(トルコ・アンタルヤ所属)に変わり、ニジェル・ピルキントン氏(ニュージーランド・オ-クランド所属)が新会長に選出され、新たな執行役員が組織されました。また、2年後の2017年度スコ-ル世界大会の開催地は、インドのハイデラバードに決定しました。

開会式の様子 参加国の国旗パレード 開会式の様子 参加国の国旗パレード
イタリア、ケニヤ、インド、メキシコ、スペイン、トルコの6か国から参加しているヤング・スコールの皆さん<br>ホテル・メリア・デル・ソルにて イタリア、ケニヤ、インド、メキシコ、スペイン、トルコの6か国から参加しているヤング・スコールの皆さん
ホテル・メリア・デル・ソルにて
ホテル・メリア・デル・ソルでのガラディナ(晩餐会)<br>ドイツ、ガーナ、アメリカからの出席者と共に ホテル・メリア・デル・ソルでのガラディナ(晩餐会)
ドイツ、ガーナ、アメリカからの出席者と共に
ホテル・メリア・デル・ソルでのガラディナ(晩餐会)<br>スイスからの出席者と共に ホテル・メリア・デル・ソルでのガラディナ(晩餐会)
スイスからの出席者と共に
ガラディナ(晩餐会)への出発前<br>ローマからの出席者と共にソル・ドン・パブロ・ホテルにて ガラディナ(晩餐会)への出発前
ローマからの出席者と共にソル・ドン・パブロ・ホテルにて
ソル・ドン・パブロ・ホテルでのガラディナ(晩餐会)会場にて表彰式 ソル・ドン・パブロ・ホテルでのガラディナ(晩餐会)会場にて表彰式
スコール・インターナショナル:サリー・シン会長から「特別功績賞」を受賞 スコール・インターナショナル:サリー・シン会長から「特別功績賞」を受賞

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科・国際ホテルマネジメント専科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る