職業実践専門課程 認定

学校法人日本ホテル学院 専門学校 日本ホテルスクール

Back
Access
Search
Menu
武内 悟
あなたの実現したい夢は何ですか?

今の時代に求められる人材

副校長/ホテルマネジメント 武内 悟

2015年度は比較的温暖な冬を過ごせましたが、陽気は別としても私が春の到来を感じるのは、やはり卒業式です。

毎年、昼夜間部の2年課程を修了し、社会に羽ばたく400数十名を送り出すこの式典を迎えることは、一つの物語の最終章を見るような気持ちになります。

2年間校舎で顔を合わせた学生諸君が、この日を境にそれぞれの目標や夢に向かって歩み始めるわけですが、私達は同時に卒業生の5年、10年後の姿に思いを馳せるのです。

昨年の夏頃に11年前の春に送り出したある卒業生の一人から、何年かぶりに近況報告のメールが私の元に寄せられました。

「先生、ご無沙汰しています。先生にいろんなお話しがしたいなと思っているのですが、また近々先生に会いにホテスクに伺っていいですか?実は少し相談というかお話しを聞きたいこともあるんです。」(原文)

在学中は、何かと将来設計において相談を持ちかけてきた彼女。卒業後は海外ホテル研修生制度に参加しグアムで研修、さらにその後、マレーシアなど海外でのホテル就労経験を積み、長らく横浜の外資系ホテルに勤務していたので、10年の歳月を経て、そろそろ生涯の伴侶を決めたのか?あるいは転職を悩み考えているのだろうか?と勝手な想像をしていました。

そして後日、本人との再会を果たし、その相談内容に驚かされるとは"想定外"でした。

「私来年、ボランティアとしてアフリカのモザンビークに行くことを決心したのです・・。」

にこやかに微笑みながら語る彼女の顔を覗き込みながら「えっ!何を目的に・・・?」と私は一瞬、的確に返す言葉を見つけることが出来ませんでした。

話を聴けば、高校時代の恩師から海外ボランテイアの話を聞いて以来、いつかは挑戦してみたいと考え続けていたことを知り、その実現に向けて、調べているとモザンビーク現地の職業訓練学校でレストランサービスの補助教員募集に目が留まり、本人は、"これだ!"と思って選考試験を受け、無事に合格したとのこと。

そして、補助教員としての準備に向けての具体的なアドバイスが欲しいということで、元担任でもある私に相談をしようと考えたのでした。彼女の夢の実現に、私は学校としてその準備と教材等の提供を約束し、数ヶ月間の料飲演習授業の視察や担当教職員との交流を通じて、研修の場も用意しました。

その後、2ヶ月間の義務付けられた地方での合宿研修で現地事情や公用語であるポルトガル語の習得に励み、新年早々の今年1月に研修地のモザンビークに赴任しました。彼女、川畑あすかさんは、2年の任期で現地の若者にレストランサービスの基本を教える日本人補助教員として、夢の実現と共に活躍をしようとしています。
中央が川畑あすかさん 中央が川畑あすかさん
今の時代に求められる人材とは、様々なスキルや資質は確かにありますが、いつの時代にあっても"夢を持ち、その実現に向けてひたむきになれる熱意をもつ人"ではないかと思います。

今年も43回目の卒業式を迎えました。彼らの中から5年、10年後に夢を実現できる人が、再び出現してくれることを願う春が到来しました。

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る