Back Home
【企業実習】担当しています!

「学生の成長を見つめる楽しさが、この仕事にはあります!」

教育部 第二教務室 井上貴彦

大学を卒業後、草津温泉の旅館に勤務。現在はホテル実習の調整などを担当。インコを2羽、文鳥1羽、フクロウを飼うほどの大の鳥好き。休日はペットと戯れ、サークル活動で趣味のテニスに明け暮れる。

教育部 第二教務室の井上貴彦です。
昼間部ホテル科のクラスの担任、そして企業実習に関する業務や授業を主に行っています。

今回は、クラスを預かる担任として、企業実習に送り出す学生をどのように考えているか、お伝えしたいと思います。

まず、私が実習先へ皆さんを配属するときに考えることは、「学生として」ではなく「社会人の一員になってほしい」という想いで、実習先を考えていきます。
皆さん、一日7時間や8時間のお仕事は、あまり経験したことがないと思います。そして、慣れ親しんだ「学校」から、2ヶ月間「企業」という環境に移り、思いがけないことに遭遇します。そこで得た「大変だった!悔しかった!うれしかった!褒められた!」という様々な経験を乗り越えることが、皆さんの成長につながります。

学校の授業で学んだことに加え、この経験と成長を得て実習を終えることが、実習教育の最大の意義と考えています。私も実習を通じ、本校の建学精神の一つでもある「理論と実技の一体化によるサービスの創造」を実現してほしい!という想いをもって、毎日仕事をしています。

昨年の9月初旬から10月末まで、私が担任をするクラスの実習がありましたが、実習が終わった後の学生たちの顔つきは、驚くほど変わっていました。

皆さんが社会人への階段を一歩一歩登り、その成長を見つめられることが、この仕事をしていて一番楽しいことです。
学校の教職員一同、皆さんの成長を心から楽しみにしています!
実習先へ行き実習中の学生とミーティングを行います 実習先へ行き実習中の学生とミーティングを行います
休日は5羽のペットたちと戯れてい ます 休日は5羽のペットたちと戯れてい ます

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る