Back Home
ホテスク生の特徴とは?

スクナビ(在校生)の姿に元気付けられることが多くあります

広報部 部長/学校 副校長 川上忠道

【紹介&プロフィール】
趣味は旅行と飲食店巡り
28年間長きに渡り「B’z」好き。元々妻がファンだったが、年がら年中聞かされているうちに、自分も息子もファンになった。そして今年は既に4回もコンサートに行ったとのこと。
教育部で20年間携わった後、4月より広報部部長。

皆さんこんにちは。広報部 川上忠道です。

今回は、「ホテルスクールの学生のこと」をお話ししたいと思います。
ホテルスクールには本当に色々なタイプの学生がいます。20年前の学生、10年前の学生、今の学生、なんとなく時代の色のようなものも感じます。
ただ、経験的に言える事は、昔も今も、どの学生も生き生きとしている。そして人と接することが本当に好きな学生が多いということです。

ちなみに「教職員の特徴」も学生と似ています。ホテル・ブライダル・レストラン業界で長く活躍されていた先生が多いので、やはり人と接することが好きで、授業や部活動を通して学生たちと楽しく活動をしています。

だからでしょうか、卒業しても学校に来てくれる人がとても多くいます。
そして、来てくれれば、誰かしら知っている先生がいます。校長先生や、私もですが、10名近くの教職員が、20年以上勤めています。

実は私は半年前の4月に広報部に異動してきましたが、本校では年間を通してほぼ毎週、学校説明会やオープンキャンパスなどのイベントを実施しています。
私は「コンシェルジュデスク」(ここでは個人面談のこと)で、多くの来校者と面談を行っています。
早い人は高校1・2年生から何度も来校してくれます。高校3年生になると進路を決める為に真剣そのものです。

相談内容は色々ですが、私たちは入学希望者の方たちへ一番適したアドバイスができるように心がけています。

そんなイベントを実施するうえでとても重要なのが、「スクナビ」という在校生の存在です。彼らの接し方や説明、人柄を通してホテスクが好きになってくれる学生が多いのです。やっぱり人と接するのが好きですし、接し方もとても上手です。
私もスクナビの姿に元気付けられることが多くあります。

もし皆さんも入学したら私たちと一緒に「スクナビ」として活躍してほしいですね。

スクールナビゲーター(通称:「スクナビ」)とは、日本ホテルスクールのオープンキャンパスや学校説明会を手伝う在校生スタッフです。当日の会場案内や、後輩となる高校生の皆さんからの質問におこたえしています♪
イベント時、スクナビと一緒に イベント時、スクナビと一緒に
卒業式で、担任クラスの学生たちと一緒に 卒業式で、担任クラスの学生たちと一緒に
28年間B'zのファンなんです 28年間B'zのファンなんです
今年は既に4回もコンサートに行きました! 今年は既に4回もコンサートに行きました!
また、料理が好きで、週末家で食事する時は、基本私が調理兼洗い係担当です。食品売り場で安くて新鮮な魚や肉を買って来て短時間でシンプルに作り、好きなワインを開けて飲んでます。

以前は体験授業でソムリエ講座も担当しました。
お酒の飲めない高校生にワインを伝えるのは想像力を刺激するコメントが必要です。
失敗談が喜ばれますね。
(★ 川上先生は、ソムリエの資格を持っており、元レストラン経営者でもあります)

ホテスクの次のイベント
海外研修旅行の余興で指名されました 海外研修旅行の余興で指名されました

専門学校日本ホテルスクールの魅力がつまった入学案内書はこちら

全ページフルカラーで、ホテル科・ブライダル科・英語専攻科の授業、留学やサポート制度、就職実績など、専門学校日本ホテルスクールの魅力・特長がこれ一冊でまるわかり!

資料請求
ページトップへ戻る